きっぱり断ることが何よりも大切

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

脱毛サロンの勧誘に困っている場合の対処

勧誘を断る女性
お試しで脱毛サロンに訪れた場合、中にはしつこい勧誘を受ける人も一体多数います。そういった勧誘はきっぱり断ることが何よりも大切です。

曖昧に言葉を濁しつつ、逃げる姿勢を取れば押しに弱い人だと勘違いされてしまうので「遠慮します」「入りません」などしっかりとした意思表示を取るようにしましょう。「お金がない」と言って断るようでは、よりお得なキャンペーンに勧誘されてしまいます。何かと理由を付けても、カバーするような言葉は既に考えられているので、結局意味がないことに繋がります。

もう訪れることもない。と考えれば、どのように相手から思われても平気。と楽観的に思うことが出来るでしょう。流されて契約を結んでも結局損をしてしまうのは、本人自身です。なので、ここははっきり伝える一択に限ります。

脱毛サロンの勧誘を適切に断る

未成年者であれば「親に聞かないとわからない」といったように第三者を出す方法が有効的です。一旦家に帰らないと決められない節を見せることで、解放してくれる確率も上がります。立場を利用した上での断り文句も一つ考えておくと良いでしょう。

ですがやはり、するかしないかの世界なので、契約する気が無いのなら、さっさと断ります。話を進めた上でのお断りはスタッフも意地になって、契約を取ろうと思うことが多いので、早めということも重点的です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*