ワキガになる原因とワキガを脱毛施設による脱毛で改善できる理由について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

脱毛でワキガは治るのか

ワキガが気になる女性
汗に含まれる皮脂を分解する際に、ストレスや食生活の変化といった日常生活により汗が発する臭いが強まります。

そのため、ストレスを抱える人ほどアポクリン腺が刺激される形になるので、汗の分泌量の増加とともにワキガになりやすくなります。

他にも、ワキガの原因として食生活において油物を多く含む食事をメインに摂ると、アポクリン腺から分泌される汗に含まれる脂質が増します。

その影響により、アポクリン腺から出る汗の粘り気が強まることになるので、エクリン汗腺から出る汗と混じることでワキガの臭いを強めます。

その上、脇毛はアポクリン腺から出る汗を吸収するので、脇毛に汗がつくほどワキガの臭いを強めることになります。

ワキガを改善するために

さらに、脇毛に異臭を放つ成分が多くつきやすくなるので、日常生活面の見直しはワキガの臭い改善に繋がります。

けれども、日常生活を見直す他に脇毛を脱毛によって無くすことで、脇毛がアポクリン腺からの汗を吸うことが無くなります。

ただし、自己処理による脇毛の処理ではアポクリン腺を刺激しやすいので、ワキガの臭いを強める可能性が高いります。

そのため、アポクリン腺を刺激せずに脇毛を施す際は、脱毛施設で脱毛を受けるのがお勧めとなります。

脱毛施設で脱毛を受けることで、脇毛の毛根を無くすことができるので、脇に毛穴が存在しない状態に導くことができます。

アポクリン腺は毛穴がないと存在できない汗腺となるので、脇毛を無くすことでアポクリン腺の汗を吸収する怖れを無くせます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*