産後のムダ毛処理を施す方法について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

出産後のムダ毛の処理について

産後の女性
産後はホルモンバランスが変化するので、ムダ毛が濃くなりやすいです。

なぜなら、妊娠中に胎児の体に女性ホルモンを行き渡らせるので、妊娠中と産後は男性ホルモンの割合が多くなるからです。

その上、産後は肌が敏感な状態となるので肌が外部からの刺激を受けやすくなります。

なので、産後にムダ毛処理を施す際は、毛抜きでの自己処理を行わないのがポイントとなります。

なぜなら、毛抜きは毛を抜く際に周りの皮膚も引っ張る形となる上に、毛が抜けずに毛が皮膚の中に残ると毛のトラブルに発展しやすいからです。

その上、毛抜きを毛を抜く前に肌を保湿しても毛を抜くことで毛穴にダメージを与えます。

その影響により、毛穴が広がることで毛穴から雑菌が入り込むので、肌が痒みを伴ったり赤いぶつぶつができる可能性が高いです。

そのため、産後のムダ毛処理を施す場合は、電動シェーバーを活用するのがお勧めとなります。

なぜなら、電動シェーバーは毛抜きと違って毛を抜かないので、肌に与えるダメージを抑えられるからです。

肌の保湿を忘れずに行うことは鉄則

さらに、電動シェーバーは剃刀のように刃が直接肌に触れる恐れがありません。

他にも、女性用の電動シェーバーも存在するので、産後でも剃刀負けや深剃りするリスクを極力抑えることが可能となります。

なので、電動シェーバーでの自己処理は、産後でも肌を傷つけずにムダ毛処理を施すことができます。

また、産後からホルモンバランスが落ち着くまでの期間でも、電動シェーバーは肌の保湿を忘れずに行うことで、ホルモンバランスの変化の影響を受けにくいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*