ワキ脱毛をして清潔に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ワキの状態を良くするためにも脱毛がオススメ

夏は休みも多く、様々な点で積極的になる季節です。
猛暑が続いていることもあって、肌を露出する機会も多いでしょう。

ただ、そのときに気にかかってしまうのがワキに生えているムダ毛……。

特にノースリーブを着る時など、ムダ毛の処理をしっかりしておかないと、うっかり他人に見られてしまいます。

それは分かってはいるのですが、なにしろムダ毛処理というのは面倒くさいものです。おまけに自己処理ばかりしていると、カミソリなどの刺激で色素沈着が起こることも——。

「いっそのこと脱毛して、自己処理とはサヨナラしよう」

そう考えている女性もいるかもしれません。

ただ未経験者にとって脱毛というのは詳細が分からないものです。どうしてもサロンに行くのが億劫になるでしょう。

「完了するまでどれくらいの期間通うの?」
「施術って何回する?」
「痛みがあるって聞いたけど」
「最終的に料金はいくらくらいかかる?」

これらの疑問がネックになり、結局は脱毛へ踏み出せずに自己処理ばかりしている、という人も少なくありません。

そこでこのページでは、ワキ脱毛の効果、費用、そしてサロンの良し悪しなどについて紹介し、そんな女性の悩みを解決してみることにしました。

以下の知識が、ワキ毛処理で悩んでいる女性の一助になれば、と思います。

「脱毛」とはどんなもの?

ワキ脱毛の紹介の前に、そもそも脱毛とはどういうものか、簡単に説明しましょう。

勘違いしている人もいますが、脱毛サロンで施術のターゲットとなるのは、肌の表面に出ているムダ毛そのものではありません。

ではどこが施術の対象なのか、というと、皮膚の奥に隠れている毛根部分なのです。

毛根をターゲットにするといっても、別に手作業で一本一本処置するわけではありません。昔はそんな電気バリを使う方法で施術していましたが、現在では新しい技術が開発され、光を照射するだけで毛根にアプローチできるようになっています。

その際に使用されるIPLやレーザーといった特殊な光は、毛根に含まれる黒いメラニン色素だけに反応するという特質を備えています。毛の生えた肌に照射すると毛根部分が高熱に包まれ、毛母細胞や毛乳頭など、発毛を司る組織に損傷を及ぼします。

この方法は脱毛の歴史の上で画期的なものでした。おかげで施術は手軽で安価なものとなり、光脱毛機器を用いたサロンが次々と開店しました。

近年は脱毛人口も爆発的に増え、VIOなどの特別な部位まで施術してもらう人が多くなっています。

その中でも、ワキは常にポピュラーな部位。ほとんどの初心者がまずワキを施術してもらうと言われています。

やはり最初に書いたように夏は肌の露出が多いので、「脱毛するなら最初はワキから」と考えている人が多いのでしょう。

また、ワキというのは汗腺が集中しているため、汚れや老廃物が他の部位よりも蓄積しやすく、毛のう炎や埋没毛(埋もれ毛)などの肌トラブルも起こりやすくなっています。

ワキのコンディションをキープするためにも、トラブルのつきまとう自己処理は止め、早く脱毛してもらうことをおすすめします。

気になる施術回数・料金・痛みについて

上記の説明で、ワキ脱毛について理解できたことと思います。

メリットを知って「すぐにサロンに行って施術を受けたくなった」という人もいるかもしれません。

ただ実際にサロンと契約するとなると、以下の3つのポイントが気になると思います——

・脱毛完了までに何回施術してもらうのか?
・料金は最終的にいくらかかる?
・施術時に痛みはあるのか? あるとしたらどれ程度か?

ではこれらの3つの点について、順番に説明していきましょう。

最初に施術回数について。

実は毛というのは再生力が強く、完全に生えないようにするには意外なくらい日数がかかります。

特にワキは太い毛が集まって生えているために処理が厄介な部位。
おまけに他の部位よりも毛根が深いところにあるため、どうしても施術回数が増えてしまいます。

各サロンや個人の体質によって違いはあるのですが、平均すると、完了まで12回から18回、といったところでしょう。

続いて料金について。

これはサロンによって大きな差があるようです。ただ、ワキ脱毛は初心者向けのプランが豊富で、他の部位よりリーズナブルなのが特徴。

その中でも特にオススメしたい店があって、それはミュゼというチェーンサロンです。

というのも、最も人気のある「両ワキ+Vライン美容脱毛完了コース」を選べば、たった100円で脱毛が可能だからです。

これだけ低料金で脱毛してくれるサロンなど、他には見当たりません。
なるべくお財布に負担がないように脱毛してみたい女性には最適といえる店です。

最後に、施術中の痛みの有無について。

上でも述べたのですが、脱毛サロンではIPLという特別な光を用いて施術を行います。

このIPLは照射すると肌を素通りし、毛根部位の黒いメラニン色素に反応。熱エネルギーに変化して毛乳頭や毛母細胞に大きな損傷を与えます。

ところがその熱があまりに高いせいで周りの皮膚も軽い火傷を負い、どうしても痛みを生じさせるのです。

もちろん、軽微なものなので我慢できないわけではないのですが、光が照射されるたびにチクリチクリと刺される感じがするのは不快なものです。

そこで、そのIPL方式のデメリットをなくすため、近年になってSSCという方式が実用化されました。

これまでIPLではキセノンランプを用いていたのですが、SSC方式ではクリプトンライトを使います。キセノンランプがそれだけで脱毛効果があるのに対し、クリプトンライトは単独では毛根にアプローチできません。

ではどうやって脱毛効果を得るのかというと、専用のジェルをムダ毛周辺に塗ります。

ここにクリプトンライトを照射すると毛根部分が弱体化し、発毛をストップできるのです。

SSC方式の最大のメリットは、光の威力は弱くても大丈夫、というところ。ジェルとのコンビネーションで脱毛するため、光による高熱は必要ありません。
これで毛穴周辺が火傷することもなく、痛みがずっと軽減されます。

実は、上で紹介したミュゼではこのSSC方式の脱毛機器を使っています。

「痛みがひどいらしいので脱毛なんてやりたくない」という女性もいますが、ミュゼなら問題なく施術してもらえます。

ワキ脱毛を成功させるために

「”料金が安い”、”痛みがほとんどない”という点でミュゼがベスト」と述べましたが、あいにく近くにその店舗がない、という方もいるでしょう。そんな場合、他のサロンを選ぶ必要があります。

ただ、現在は脱毛ブームということで、新規サロンが続々と業界に参入しています。店が増えすぎて、初心者はどこがいいのか迷ってしまうでしょう。

また、各サロンの”お得”と称されるプランについても条件がややこしく、どれを選べば本当にお得なのか判定がしずらくなっています。

そこでサロンを選ぶ際、注意すべきポイントを3つほどあげてみます。

施術可能回数が一桁のプランはかえって損

まだまだ脱毛についてキチンとした情報を知らない人が多く、たとえば1、2回の施術だけでその部位のムダ毛は一生生えてこない、と誤解している方がいるようです。

もちろんこんなことはありません。
施術を1、2回した程度では、ムダ毛を根絶やしにすることなど不可能です。
確かに施術後10日から1ヶ月くらいでその部位はきれいにツルツルになりますが、時間が経過すれば毛が復活してしまいます。

ムダ毛がまったく生えないようにするには、レーザーやIPLといった特殊な光を数ヶ月から数年、根気よく照射していかなればなりません。

しかもワキのように太い毛が集まって生えている部位では、施術回数が12回〜18回になってしまうのが普通です。

ですから、施術回数が一桁のプランをうっかり契約してしまうと、結局脱毛が完了せず、追加施術を受ける羽目になります。

そうなるとかかる料金もかさみますので、回数の少ないプランはなるべく無視し、何度でも施術ができるコースを選ぶようにして下さい。

返金制度や施術期限を契約前にチェックする

サロンと契約すると、3年間は施術に通い続けることになります。

しかし通ううちに、接客態度や脱毛効果で不満を覚えることもあります。そうなると契約を打ち切りたくなるでしょう。

中途解約ということになると、サロンの方ではイヤな顔をします。
契約をタテにして、返金はほんの少し、というところも少なくありません。

不快な経験をしないためにも、中途解約の可能性のある人は、契約の詳細をチェックしておきましょう。

またサロンによっては、施術期間に時間的なリミットを設けている場合があります。
リミットを過ぎると「料金を払ったのに施術ができない」という羽目に陥りますので、契約前にしっかり確認しておかないといけません。

以上の2点について、契約時にスタッフに訊ねることが肝心です。

施術後、ケアをしっかりやってくれるのか?

ワキは夏になると他人の視線にさらされる部位。
コンディションを整え、黒ずみなどのトラブルもケアしておきたいものです。

そのために必要なのは、肌の潤いをしっかりとキープすること。

脱毛サロンの中にはそれを考え、施術後の保湿サービスに熱心なところもあります。

こうした気の利いたサロンなら美肌効果も期待できるので、一石二鳥です。

脱毛サロンと医療クリニックの施術はどう違う?

ワキ脱毛は、脱毛サロンと医療クリニックの両方でやってもらえます。
その施術には何か違いがあるのでしょうか?

実は脱毛の原理に関しては同じです。施術では、メラニン色素だけに反応する特殊な光(サロンではIPL、クリニックではレーザー光)を肌に当てます。そして毛母細胞、毛乳頭など、発毛を司る組織にダメージを与えるのです。

ではどこに違いがあるのかと言うと、その光の威力です。

レーザー光のパワーは、サロンのIPLの何倍にも達するとんでもないもの。「永久脱毛」もレーザーならば可能で、毛根組織はその高熱によって徹底的に破壊されます。

また、IPLの場合、脱毛完了まで10回以上の施術が不可欠ですが、レーザー脱毛では数回で完了してしまいます。

もし「なるべく短期間で脱毛を終えたい」と考えているなら、サロンよりも医療クリニックに行くほうがいいでしょう。

ワキ脱毛はなぜリーズナブルなのか?

ワキ脱毛は費用が安めです。
ワキを最初に脱毛してもらう女性が多いのは、他の部位より格安だ、ということも理由の一つ。

では、なぜワキ脱毛は安いのでしょう?

最初に考えられるのは「元々ワキの面積が狭い」ということ。

実は料金というのは面積で決められることが多く、その点でワキは安価なバーツというわけです。

次に考えられるのは、サロンの”戦略”。

初心者はワキ脱毛を最初に行うことが多いため、「その料金を抑えて、脱毛へのハードルを低くする」とサロンが考えているのです。

ワキは料金が手軽な上に、脱毛技術もすぐ分かります。その点でも、最初の施術部位はワキにしておくべきです。

脱毛完了後、効果がイマイチな場合は?

施術を続け、ワキ脱毛が終わったものの、その効果がイマイチ——。

そんな時、施術を追加できますが、その料金は馬鹿になりません。

それがイヤなら他のサロンに乗り換えるのもいいでしょう。ただ、カウンセリングから始めるので、時間がムダになります。

こんな事態を避けるには、施術期間と回数を多めにみておくこと。できるなら施術回数が無制限の店を選ぶべきです。

「脱毛をしてしまうとワキ汗の量が増える」って噂は本当?

最後に、脱毛した後の”ある噂”について、ひとつ述べておきます。

実は「ワキ脱毛」をネットでグーグル検索してみると「脱毛してからワキ汗がひどくなった」という口コミがいくつかヒットします。

そんな現象が、本当にありうるのでしょうか?

結論を先に言いましょう。——これは真っ赤なウソです。

ただ、「ワキ汗の量が増えてしまった」と思い込んでいる人は確かにいて、そんな人たちが口コミを投稿しているのだと思います。

ネットで調べてみると、

「いままでワキ毛でせき止められていた汗が脱毛後に肌を流れるようになり、汗の量が増えたと錯覚する」

というのが真相のようです。

つまり単なる感覚の問題にすぎません。汗の量は脱毛前と変わらないのです。

時間が経てば汗が流れていく感覚も当たり前になり、違和感がなくなるでしょう。

いかがだったでしょうか? ワキ脱毛の情報やサロンの選び方について、色々なポイントから紹介してみました。

ぜひこれらの知識を活かして、お気に入りのサロンを見つけて下さい。

脱毛を終えればワキへの視線も意識しなくなり、肌のコンデションもきっと良くなっていくはずです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*