サロンやクリニックで背中を脱毛しよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

一般の人が映画女優や人気女性タレントを間近で見た時、1番驚かされるのはその肌の美しさだと言われています。
また、特に整った目鼻立ちでもないのにスカウトから声をかけられたりする女性は、例外なく肌の艶やかさが目立っています。

これらの例から導き出されるのは、「女性の美しさには、肌の役割が大きい」という事実です。

もちろん、こんなことをもったいぶって指摘しなくても、自分の外見に関心を持つ女性の多くは肌を磨くことに一生懸命です。
日頃からお手入れを欠かさず、肌のコンディションを最善にすることに気を使っているでしょう。

しかしそんな人でも、ついケアを忘れがちな部位があるのをご存知ですか?

それは、「背中」です——。

背中は自分の眼ではチェックしづらく、その手入れもおざなりにしがちです。

でも、たとえば泳ぎに行った時、ビキニ姿の女性を見て「背中が毛深くてカッコ悪い」と思ったことはありませんか。

自分では気づいていないだけで、実は自分の背中も同じような状態になっているかもしれません。

可愛い服でバッチリ決めて彼氏とのデートに出かけても、ムダ毛が伸びた背中を見られたら、落胆される危険性は高くなります。それではロマンチックな気分も台無しでしょう。そんなことを避けるためにも、ムダ毛処理に努めなければなりません。

でも、顔、腕、脚などの部位は自己処理できても、ひとりでは見ることさえ大変な背中の毛は、一体どうやって抜いたり剃ったりすればいいのでしょうか?

答えは簡単。熟練したスタッフのいるサロンやクリニックで脱毛してもらうことです。

近頃は脱毛もすっかりポピュラーになりました。
テレビや電車の広告などでの宣伝も盛んで、脱毛に関心のない男性でも、有名サロンやクリニックの名前は馴染みがあるくらいです。

ただ、脱毛などと全く縁がない女性もまだまだ存在します。「いつの日か脱毛をしてみたい」と何となく思っているのに、施術料や痛みなどに対する不安があって、サロンやクリニックに行く勇気がない、という女性は少なくありません。

そこでこのサイトを立ち上げてみました。初心者向けに背中脱毛の情報を紹介し、脱毛方法にはどんなものがあるのか、詳しく解説していこうと思います。

脱毛では、どこからどこまでが”背中”なのか?

背中というのは体のほかのパーツより広いため、脱毛の施術においては「背中上」「背中下」に分割して扱います。

その範囲ですが、「背中上」は首の付け根から肩甲骨まで、「背中下」は肩甲骨からウエストラインまでです(それより下だと「腰」または「ヒップ」の部位となります)。

ちなみに脱毛サロンや医療クリニックでは、面積に応じて施術部位を「Lパーツ」と「Sパーツ」に分類することが多く、施術料はLパーツの方が高くなります。

背中だと、「背中上」「背中下」の両方がLパーツに属します。

ところで背中脱毛では、うなじは入っていません。

背中上だけを施術すると、うなじとの間に色の境界線が作られる場合があります。そうなると見た目が変なので、最初からうなじも一緒に脱毛してしまう方がいいでしょう。

背中脱毛の料金相場はいくらぐらい?

脱毛しようと思った時、最初に気になるのはその料金でしょう。

そこで有名サロンとクリニックの施術料をざっと紹介してみようと思います。

最初にサロンから。

・銀座カラー

ここでは「スタンダードチョイス」というコースがおすすめ。背中上と背中下のどちらかを選べ、8回セットで42,000円です。また、脱毛し放題を契約すれば、75,200円になります。

・TBC

背中の上下が脱毛できる「チョイスプラン」なら、Lパーツ1回が6,000円、6回セットで26,400円。また、Sパーツのどれかを1回タダで脱毛してもらえます。

・ミュゼ

「フリーセレクト美容脱毛コース」が人気で、Lパーツ4回分が12,000円。背中に関しては上下2つに分かれていて、4回分を自由に割り振ることができます。

・ジェイエステティック

「後ろ姿美人プラン」を選ぶと、背中の上&うなじが各4回セットで施術料は18,000円。また両ワキ脱毛12回コースがおまけでついてくるため、うなじ、背中上、ワキの3箇所を同時に脱毛できます。

次に医療クリニックも紹介します。

・リゼクリニック

ここでは背中は全体が1つの部位となっています。施術料の方は5回コースで79,800円。

・湘南美容クリニック

背中は上下2箇所の扱い。1回の施術料は各17,410円です。6回コースだと、81,000円。

・アリシアクリニック

リゼクリニックと同じく、背中は全体が1部位。施術料は5回55,000円と大変お安くなっています。

また、「背中+えりあし脱毛セット」というプランを選ぶと5回分が103,200円です。

・イセアクリニック

「背中+うなじ脱毛」のプランだと、5回で98,800円です。

以上、有名なサロンやクリニックの料金を紹介してきましたが、プランやコースというのは色々と条件が複雑です。ネットのサイトを丹念にチェックし、その詳細を理解しておきましょう。また、サイトにこまめにアクセスし、値引きキャンペーンを見逃さないようにして下さい。

背中は、脱毛が難しい部位?

実は背中は、脱毛効果があがりにくい部位といわれています。というのも、ワキや脚などと比べると、生えているムダ毛の色素が薄いからです。

「どうして色素が薄いと、脱毛効果があがりにくくなるの?」と思われるでしょうが、それには現行の脱毛方式が密接に関わっています。

以下、サロンと医療クリニックで用いられている脱毛機器の紹介をしながら、その理由を書いていきます。

いま、サロンで最も一般的なのは、IPL脱毛という方式のマシンです。

これは、キセノンランプを通してインテンス・パルス・ライト(IPL)という太陽の光に近い光線を肌に照射し、毛根を熱で弱体化します。
もともと「フォトフェイシャル」(コラーゲン生成を促進し、くすみ・シミなどを治癒する)用のエステのマシンとして開発されたものです。

しかし、フォトフェイシャルを受けた客から「毛が生えなくなった」という感想が相次いだため、改めてテストをしたところ、抑毛の働きが確認されました。それからサロンでも脱毛のために導入されることになったのです。

IPLの特徴のひとつは、光にいくつもの波長が含まれている、ということ。そのために肌の広い範囲に照射が可能です。背中、脚のような部位にはピッタリで、施術も極めて短時間で終わってしまいます。

ただ、肌の各層に光線が拡がっていくため、毛根を損傷する力はそれほどではありません。

一方、医療クリニックでよく使用されているのは、レーザー光で施術する「レーザー脱毛」のマシンです。

実は脱毛原理そのものは、IPL脱毛もレーザー脱毛もほぼ同じです。どちらの光線も、黒いメラニン色素で発熱する特性を備えています。

肌へ照射するとムダ毛のメラニンで熱に変わり、やがて毛根のところで温度が上がっていきます。
毛乳頭、毛母細胞、皮脂腺開口部などの発毛組織がその熱で損傷を受け、ムダ毛の成長が止まるのです。

ただ原理は同じでも、照射パワーについては話が別です。レーザー光は局所的に照射可能なのでIPLよりも熱の温度が高くなり、ターゲットの毛根は完全に破壊されてしまいます。そうなるとその部位はずっとツルツルのままです。

「そんな威力のあるレーザー光なら、背中も簡単に脱毛できるのでは?」と思われるでしょうが、そう安直にはいきません。

というのも、背中の毛に含まれるメラニン色素はごくわずかで、肝心の熱反応が生じにくいからです。

「では、うまく脱毛できる方法はないの?」ということになりますが、それについては次の文章で説明していきます。

背中の毛をうまく脱毛できる方法とは?

背中の毛をうまく脱毛する方法には、次の3つがあります——

・S.S.C.方式のマシン
・ダイオードレーザー
・ニードル脱毛

これらについて、順番に解説していきましょう。

まず、S.S.C.方式です。S.S.C.は「Smooth Skin Control」を略したもので、イタリアのDEKA社が開発しました。

IPL方式とどういう違いがあるかというと、光線と専用ジェルを併用する点です。

ジェルには、トレジャービーンズという極小のカプセルが入っています。クリプトンライトをジェルを塗った上から当てることでこのトレジャービーンズが弾け、中に含まれる有効成分が毛穴に浸透していきます。

有効成分のメインとなるのは、イソフラボン、サリチル酸、セイヨウシロヤナギ、メントールなどで構成されたフィリニーブ。制毛効果はもちろん、炎症抑制や保湿の効果も備えていて、施術の後で生じがちな肌の乾燥による後遺症を防ぐことができます。

ライトとの併用ではありますが、脱毛効果を発揮するのはあくまでジェルです。
ですから、施術にあたっては毛の濃さは関係がなく、背中などの毛が細い部位や産毛にも効果が発揮できます。

次にダイオードレーザーです。

医療クリニックではレーザー脱毛器を用いて施術をおこないますが、脱毛機にも色々な種類があり、使われているレーザーの種類が違っています。

現在主流になっているのは以下の3つ——

・アレキサンドライトレーザー
・ダイオードレーザー
・YAGレーザー

それぞれ特徴が違い、得意としている肌質や毛質も異なります。

このうちのダイオードレーザーは、半導体(ダイオード)を光源とする波長810ナノメートルのレーザー。アレキサンドライトレーザーとYAGレーザーの中間に位置する波長の長さで、メラニンの吸収率がよく、深い位置にある毛へのアプローチも優れています。

蓄熱式(SHR方式)とレーザー式(HR式)の2種類があるのですが、背中のムダ毛に効果の高いのは前者です。

蓄熱式では、IPLと違ってバルジ領域を破壊して脱毛をおこないます。65℃前後の低温で光を照射し、熱エネルギーをゆっくりと蓄積していくことで脱毛の効果を発揮。メラニン色素に反応させるのではないため、透明に近い産毛に対しても効果が変わりません。

また、他のレーザーと比較すると痛みもひどくないので、施術へのストレスが少ないというメリットもあります。

蓄熱式ダイオードレーザーのマシンには、メディオスターとソプラノアイス・プラチナムがありますが、それぞれリゼクリニックとレジーナクリニックで導入されているので、どちらかに通えばいいでしょう。

最後にニードル脱毛です。この方法はIPLやレーザーによる脱毛が普及する前は、脱毛の主流となっていました。

ニードル脱毛は非常に歴史が古く、アメリカで150年近く前、逆さまつ毛を除去するのに使われたのがその始まりと言われています。

毛穴に絶縁加工された特殊な針(プローブ)を差し込み、微弱な電気を流して毛根部位を破壊します。IPL脱毛やレーザー脱毛とは違って物理的なモノでダメージを与えるため、効果は抜群。一旦施術された部位のムダ毛は2度と生えることはありません。

また、ライトを使う施術方法とは違って、毛にメラニン色素が含まれていなくても施術ができるため、背中の毛や産毛などに対しても脱毛処理が可能です。

ここまでは文句なしの方法なのですが、問題が2つあります。ひとつは毛穴に針を突き刺すので痛みが激しいこと。中にはあまりの痛みに麻酔なしでは施術ができなかったという人もいます。

あとひとつは、毛穴一つ一つを手作業で処理するために手間がかかり、どうしても施術料が高くなる、ということ。店や医院にもよりますが、少なく見積もっても、レーザー脱毛の30倍くらいの費用がかかります。

以上のデメリットは非常に大きいので、軽い気持ちで施術する、というわけにはいかないでしょう。

以上、3つの方法を順に説明してみました。

このうち、1番手軽におこなえるのがS.S.C.方式です。「どれにしようか迷ってしまう」という人は、とりあえずS.S.C.方式を選んでみましょう。
脱毛完了までは時間がかかるとしても、減毛だけならすぐに実感できます。

ただ「背中の毛を確実に処理したい」と考えているのなら、やはり美容電気脱毛が1番のオススメです。

以上、背中脱毛に関して、ビギナー向けの情報を色々と紹介してみました。いかがだったでしょうか?

夏になると水着や露出度の高い服を着たり、髪の毛をアップにする機会も増えます。そんな時に不安なく背中を見せられるよう、脱毛で肌の状態を整えておきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*