自分にピッタリのメンズ脱毛サロンの選び方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

「美」に対して貪欲な人は、自分の容姿についても基準が厳しいもの——。
それだけにできるだけキレイに見せようと、お肌の手入れを怠りません。

そんな人にとってひたすら厄介なのが、知らぬうちにどんどん伸びてくるムダ毛の存在です。

小まめにカミソリや毛抜で自己処理している人も多いでしょうが、これらのツールは肌に負担をかけ、黒ずみ、埋もれ毛といった厄介なトラブルにつながる危険性があります。

そこで注目を浴びているのが、サロンや医療クリニックでの脱毛。
以前はとんでもなく高かった施術料も脱毛技術の発達によって値下げされ、いまではすっかり庶民的なものになっています。

さらに脱毛人気は女性にとどまりません。「モテるためにムダ毛を処理したい」と、密かにサロン通いをする男性も増えているとか。

実際、2017年の秋、『マツコ会議』という番組で、男性の脱毛事情が取り上げられたことがあります。そこでのデータによれば、脱毛サロンにも男性客が多くなっており(男女が半々の店舗もあるとのこと)、しかも客層の中心は30代から40代の中堅サラリーマンだということです。

脱毛というのはあまり人に言うことではないために広く喧伝はされないのですが、男性の脱毛が相当な広がりを見せているのは確かでしょう。

ただ脱毛したいと思っていても、サロンというのは男性にはどうしてもハードルが高いものです。

「費用はいくら?」「脱毛完了までに何日必要?」「施術は何回?」といった疑問がネックとなり、結局、サロンへ行きたくても行かないままという男性も少なくありません。

そこでこのページを作ってみました。男性専用の脱毛サロンに注目し、そこに導入されている脱毛技術、費用、完了までの日数、痛みの程度、そしてサロン選びの注意点について紹介していきます。脱毛に挑戦したい男性の方々、どうか参考になさってください。

光脱毛とは?

光脱毛について
脱毛について「毛穴に針みたいなものを入れ、毛根を焼く」という施術方法をイメージする人がいます。

これは別に間違ってはいません。実際、二昔前の脱毛クリニックやサロンでは、毛穴に針状の電極(プローブ)を挿入し、電気を流すというやり方で、毛根にダメージを加えていました。

これは1869年に発明された「電気分解脱毛法」というもの。成功すれば半永久的に無毛の状態を維持できるために、この方法は世界的に普及し、改良されたマシンが日本にも入ってきました。そして「美容電気脱毛」あるいは「ニードル脱毛」と名づけられ、当時最もよく使用される脱毛方法となったのです(現在でも一部のクリニックで使われています)。

ただ、この脱毛方法は毛穴に1本1本細いプローブを挿入していくため、たいへん時間と手間がかかりました。

やがて、このニードル脱毛より優れた脱毛方法が米国で考案されます。それがレーザー脱毛です。

この方法は、直接毛根に触れずに脱毛する、という点で画期的でした。

やがて、この原理が「光脱毛」という脱毛方法を生み、今のサロンで広く用いられるようになります。

光脱毛にはどんなものがある?

光脱毛にはどんなものがある?
ここで光脱毛について、もう少し詳しく紹介してみましょう。

光脱毛ではその名前の通り光線が使われます。光線は肌に照射されると毛に含有される成分・メラニン色素に吸収されます。

吸収された光線は熱エネルギーへと変化。その熱によって毛根部分の発毛機能が弱体化し、毛の産生が妨害されるわけです。

この施術を長い日数をかけて何度もおこなうことで毛の本数は少なくなり、やがて部位が無毛のツルツル状態となります。

光脱毛には今のところ、以下のような種類があります——

「IPL方式」
「SSC方式」
「SHR方式」
「ハイパースキン法」

それぞれの特徴を簡略に紹介していきましょう。

最初に、IPL方式。こちらはサロンで1番ポピュラーな脱毛方法です(別名「フラッシュ脱毛」)。IPL(インテンスパルスライト)という広帯域の光線が用いられ、上記で紹介したような仕組みで毛乳頭などの発毛器官を弱体化していきます。

デメリットとしては照射時に少々痛みがあること。ただ非常に軽く、我慢できないものではありません。

続いてSSC方式。「SSC」というのは「スムース・スキン・コントロール」を意味します。

この方式の最大の特徴は、光線だけでなく専用ジェルを併用するところ。

ジェルには、「トレジャービーンズ」というカプセルが入っています。部位にジェルを塗ってクリプトンライトを射出すると、カプセルの中の有効成分が毛包に染み出していきます。

含まれる有効成分は、セイヨウシロヤナギ、イソフラボン、サリチル酸、メントールなどが入ったフィリニーブ。抑毛効果のほかに、保湿効果、炎症抑制効果を備え、施術後の肌トラブルを防ぐことができます。

毛根にダメージを与えるのはこのジェルなので、ライトは低温でも問題ありません。ですからIPLよりもさらに痛みは減ります。

次にSHR方式。これは「スーパーヘアリムーバル」の意味で、「蓄熱式」とも言われます。

上の2つの方式では毛根全体がターゲットでしたが、SHRの場合はバルジ領域という小さな部位が標的です。バルジ(bulge)は「ふくらみ」という意味ですが、名前通りちょっとふくらみのあるパーツです。
毛の底部の毛乳頭、毛球よりも皮膚の表面に近いところにあります。

このバルジ領域は毛球部に信号を送って発毛を促進させている組織。つまり、バルジ領域だけを攻撃すれば、ほかの毛根部分は無傷でも毛は生えてこないわけです。

バルジ領域は大変デリケートな部位なので、低温でも時間をかけて熱を加え続ければ、十分な損傷を与えられます。このことで痛みが極めて軽微な施術ができます。

最後にハイパースキン法。こちらは発毛因子をターゲットにするため、毛にメラニン色素が含有されていなくても大丈夫。施術で使うライトの温度は36度〜38度なので、痛みが皆無です。ただ、顔のヒゲの脱毛が不得手なため、男性向きではないかもしれません。

光脱毛と医療レーザー脱毛の比較

脱毛の比較
サロンでは上に挙げたような方式がメインですが、医療クリニックではレーザー脱毛が主に使われています。この2つについて比べてみましょう。

施術回数

光脱毛の施術回数、及び脱毛可能なムダ毛の割合は、次のようになっています——

・6回  およそ50パーセント
・12回 およそ80パーセント
・18回 およそ95パーセント

一方、医療レーザー脱毛だと、5回か6回で約95%のムダ毛を処理できます。

レーザー脱毛の原理は光脱毛と同じなのですが、射出パワーが段違いなため、回数が激減するのです。

「なぜ全部のムダ毛を一回の施術で処理できないの?」と思う人がいるでしょうが、それはIPLやレーザー光線が毛幹(肌の外に出ている部分)のムダ毛にしか反応しないためです。

毛には成長サイクルがあり(「毛周期」と呼ばれます)、ライトの照射は成長期のもの、つまり毛幹の毛にしか作用しません。他の毛は肌の下にあるので、処理する場合は成長期を待つ必要があります。
そのため、レーザーのようなパワー抜群の光線でも、施術を何回もおこなわなければなりません。

施術コスト

光脱毛の費用の平均相場は、次のようになっています——

・全身…164,700円
・顔…41,033円
・うなじ…19,000円
・ワキ…16,833円
・VIO…58,633円
・背中(上下)…71,600円
・腕(ヒジ上)…47,800円
・腕(ヒジ下)…48,600円
・足(ヒザ上)…56,300円
・足(ヒザ下)…55,100円

一方、レーザー脱毛の平均相場は以下の通りです——

・全身…401,945円
・顔…131,325円
・うなじ…57,250円
・ワキ…14,825円
・VIO…67,975円
・背中(上下)…91,917円
・腕(ヒジ上)…83,375円
・腕(ヒジ下)…82,500円
・足(ヒザ上)…108,750円
・足(ヒザ下)…100,500円

このように料金を比較すると、サロンの光脱毛の方がかなり安くなっています。

痛み

光脱毛は、光の照射時の痛みが大変軽微です。

IPL方式だと多少は痛みを覚えますが、ほかのSSC方式、SHR方式、ハイパースキン法などになると、施術時にほとんど痛みは感じられません。

もちろん、それだけ照射パワーは抑制されていて、「毛が薄くなってきた」と実感できるまでの施術期間は長くなります。

一方、医療レーザーはパワーが恐ろしく強いため、施術時は急に針で突かれたような激しい痛みがあります。ただ脱毛効果は抜群なので、この痛みは仕方ないとも言えます(痛みに弱い人には、別料金で笑気麻酔をかけてくれるクリニックもあります)。

ただ、その痛みは瞬間的なもので、重いヤケドのようにずっと痛みが続くわけではありません。また毛が徐々に減っていくと、それにつれて痛みは軽くなっていくので、その点は安心です。

様々なケア

光脱毛の場合、ムダ毛処理にプラスして美肌ケアもおこなってくれる店が多く、施術時に使われる専用ジェルに優れた保湿成分が入っていたり、脱毛後の肌の冷却に十分な時間をかけたりしています。

一方、レーザー脱毛だとクリニックということで際立った顧客サービスはなく、冷却も省略するところがあります。

心地よいサービスが得たいなら、サロンを選ぶべきでしょう。

光脱毛&サロンのメリット・デメリット

メリット・デメリット

メリット

・クリニックよりもはるかに料金が安い
・どの方式でも痛みが軽く、特にハイパースキン法なら全くの無痛ですむ
・気の利いた顧客サービスが受けられる
・店内がたいへんキレイで快適

デメリット

・レーザー脱毛と比較すると施術完了に日数が必要
・産毛や薄い色の毛は、メラニンの含有量が少ないために脱毛しにくい

サロン選びの注意点は?

メンズ脱毛サロンを選ぶ際のポイントをいくつかあげてみます——

顧客が男性だけなのかチェック

メンズ脱毛サロンというと、「やってくる客は男性だけ」と考えがちですが、実際は男性がメイン、というだけで、女性でも施術を受けられるところもあります。

普通の大手サロンでなく、わざわざメンズ専門店を選んだ男性の中には、脱毛しにきたところを女性に見られたくないという人も多いでしょう。

それなのに、サロン内に女性がいる、というのはイヤなものです。

客が本当に男性に限られているのかどうか、あらかじめ店に訊いておきましょう。

男性の脱毛士を指名できる?

顧客は男性オンリー、というメンズ脱毛サロンでも、施術を担当するのが男性スタッフとは限りません。中には女性脱毛士が機器を操作するところもあります。

「女性スタッフはイヤだ」という男性も多いと思いますので、男性の脱毛士を指名できるか、あらかじめチェックしておくべきです。

ネットで施術技術を調べる

これは別にメンズ脱毛サロンだけのことではありませんが、サロンを選ぶときはネットの口コミサイトをのぞいてみるべきです。

男性と女性の脱毛では、決定的に異なる点があります。それは、施術の困難さです。

男性は男性ホルモンの分泌が多いせいでどうしても毛が濃くなり、女性と同じ施術では脱毛効果が中々実感できません。

そのためライトの出力を高めなければならないのですが、これは経験豊富な脱毛士でないと加減が難しいとされています。

つまり、スタッフの力量によって、脱毛効果の差が大きく出るわけです。

ただ、サロン側は脱毛士がどれほど経験を積んでいるのかを明かしてはくれませんし、公式サイトやカウンセリングだけでは、どの人がベテランなのかは分かりません。

こんな時に口コミサイトなら、実際に施術を経験した客が意見を述べているので参考になります。

スタッフの態度について

サロンの場合、全身脱毛のコースを選ぶと2年ほど施術に通う必要があります。

それだけ回数も多くなりますが、もし脱毛士の態度が悪いと、快適な施術を受けることはできません。

どれだけ費用が安価でも、サービスがよくないと中途解約したくなるでしょう。

解約などという厄介な事態を避けるためにも、スタッフの態度に関して口コミをチェックしておきましょう。

以上、脱毛にチャレンジしたいという男性のために、メンズ脱毛サロンを特集してみました。いかがだったでしょうか?

現在、脱毛サロンは数が多くなり、その生存競争も激化しています。ディスカウントサービスもよくおこなわれているので、サロンのサイトなどをマメに確認するようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*