家庭用脱毛器の購入で失敗をしないために

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

最近は脱毛がずいぶん身近になり、サロンや医療クリニックに出かける人も多くなってきました。

ただ「施術してもらいたいけど時間がない」「予約に縛られるのがイヤ」「脱毛の時にスタッフに見られるのが恥ずかしい」などの理由でサロンやクリニックに通えない人もいます。

そんな人たちに人気なのが、ひとりでムダ毛の手入れができる家庭用脱毛器です。

「試しに自分も買ってみたい」という人もいるでしょう。ただ、まだまだ値段は安くありませんし、どれを選ぶか困ってしまうほど種類があります。
安直に買ってガッカリしないためにも、効果や種類、選び方などについて、しっかり確認しなければなりません。

そこで、このページを立ち上げました。家庭用脱毛器の購入を考えている、という人のために、上手な選び方のポイント等について、紹介していこうと思います。

家庭用脱毛器の発売とその普及について

家庭用脱毛器
現在、サロンや医療クリニックで採用されている脱毛の理論、「選択的光熱凝固理論」が発表されたのは、1980年代のことでした。
その理論を応用して欧米でマシンが実用化されたのが1990年代、そして2000年代になって日本でも光による脱毛マシンが普及するようになります。

ただそれはあくまでプロ用の大型機器で、家庭でのムダ毛の処理はまだカミソリや毛抜、あるいはクリームなどが主流でした。

そんな中、2005年に家庭用脱毛器「アイエピ」が発売されます。

それまでも光による脱毛器は発売されてはいたのですが、いずれも脱毛効果が問題にならないほど低く、好評とは言えませんでした。ところがこの「アイエピ」は確実にムダ毛を処理できるというのでベストセラーとなり、家庭用脱毛器普及の原動力となったのです。

そして2009年に「イーモ」、2012年に「ケノン」が登場。脱毛器市場が一気に広がり、現在の隆盛につながっていきます。

家庭用脱毛器の普及は、ムダ毛処理で悩んでいた人にとっては朗報でした。

何しろサロンやクリニックでは、肌がツルツルになるまで数ヶ月〜数年はかかります。その間にやめてしまう人も多いですし、料金が十数万円に及ぶのも珍しくありません。

それが家庭用脱毛器だと、プロ並みの効果が期待できる上に費用が節約できるのですから、あっという間に普及したのも当然といえます。

ただ脱毛器は、自分に合った機種を選ぶのが難しい商品です。
以下に述べるメリット・デメリットや方式の特徴をしっかり理解して、自分にふさわしい機種を見つけ出して下さい。

家庭用脱毛器選びで大事なポイントとは?

大事なポイント
下のセクションでも説明しますが、家庭用脱毛器には色々な方式があり、その違いがてきめんに効果にあらわれます。

ですから買う側にも製品についての知識が要求され、「たまたまバーゲンで値引きしていたから」といった理由で安易に購入してしまうと、結局はガッカリする結果に終わります。

家庭用脱毛器の購入で失望しないためには以下のようなポイントに気をつけましょう——

どれだけのパワーがあるか?

脱毛効果の高さは人によって感じ方が異なるため、一概にはいえませんが、脱毛器のパワーが高いほど効果もあがります。

とにかく効果を重視したい人は、パワーの高い機種を選びましょう。

ただ、パワーが強ければ強いほど肌や毛穴に負担がかかりやすく、重篤な肌トラブルにつながる可能性もあります。
不安だという人は、照射出力を調整できる機種がおすすめです。

照射範囲はどうなっているか?

1回の照射でどのくらいの面積をケアできるかは機種によって大きく異なるので、事前にきちんとチェックしておきましょう。

スムーズに脱毛できないとストレスにつながりかねません。
「せっかく買ったのに三日坊主に終わった」という羽目におちいらないためにも、しっかり確認しておきましょう。

自分の処理したい部位に対応しているか?

人によってムダ毛を処理したい部位は異なります。

家庭用脱毛器を選ぶ際は、「自分がどの部位の脱毛に使う予定か」そして「商品がどんな部位に使えるのか」をチェックして下さい。

特に「顔」や「VIO」の処理を考えている人は注意が必要です。全身脱毛には対応していても、デリケートな部分には使えない機種が少なくありません。

公式サイトにはどこに使えるかが書いてありますから、必ず事前に読むようにしましょう。

コストパフォーマンスはどれくらいか?

脱毛器の購入に関してよくあるのは、本体はかなり格安で手に入れたのに、消耗品であるカートリッジのコストが思った以上にかかってガッカリする、というもの……。

家庭用脱毛器にはたくさんの種類があります。値段の点でも2万円以下の格安な機種から、10万円を越えるハイレベルなタイプまで様々なものがそろっていますが、ムダ毛を処理すると必ず消耗していくカートリッジのコストを忘れてはいけません。

脱毛器を買うことを決めたら、本体価格は当然ですが、カートリッジの値段、そしてその交換頻度についてもキチンとチェックしておきましょう。

家庭用脱毛器の利点と難点

利点と難点

利点

・サロンや医療クリニックの半分以下の値段で、ムダ毛処理ができる
・施術場所に出かける手間と時間、交通費が節約できる
・他人の目にさらしたくないパーツもしっかり脱毛できる

難点

・背中、うなじ、お尻など、目で確認できない部位は手伝いがいる
・何もかもひとりでやらなければならないので、ついサボりがちになる
・肌トラブルの予防と対処がかなり面倒くさい

永久脱毛は家庭用脱毛器で可能か?

永久脱毛は可能か?
家庭用脱毛器というのはサロンやクリニックで施術に使われているマシンを小型化したもので、その原理は全く同じです。ただ、ライトの照射で起こりがちな肌トラブルを防止するため、出力は相当抑えられています。そのため、いわゆる永久脱毛はできません。

なお、知らない人が結構いるのですが、サロンの脱毛はあくまで「抑毛」であり、発毛器官は死滅しません。ですから、数年も経つと毛はまた伸びます。

永久脱毛したい人は、医療クリニックと契約し、レーザーによる施術を受けて下さい。

家庭用脱毛器の脱毛の方式とは?

脱毛の方式
家庭用脱毛器で主流となっている脱毛の方式について、簡単に紹介してみましょう——

フラッシュ式

家庭用脱毛器が採用している方式のうち、最もポピュラーなのがフラッシュ式です。サロンの施術に使われるマシンと同じ原理で、IPLという特殊なライトを用います。

IPLを肌に直接当てると、皮膚の奥にある毛根が高熱に包まれてダメージを受けます。そして照射を長期に渡って続けるうちに発毛機能が衰え、毛が薄くなっていくわけです。

最大のメリットはIPLの照射口が大きく、ワンショットで処理できる面積が広いこと。そのためにスピーディな手入れが可能で、背中・腕・足といった広い部位にはもってこいといえます。

照射パワーは適度に抑えられているので、火傷などの肌トラブルの心配もまずありません。痛みもチクリとする程度です。

デメリットは、脱毛完了までの期間が長いこと。それでも1年間ほどすれば、自己処理がいらなくなります。

レーザー式

医療クリニックでもっぱら使われているのがレーザー式脱毛。レーザー光が黒いメラニンを含む毛に反応し、熱に変わります。その結果、発毛をつかさどる部位に損傷が生じ、毛が成長しなくなります。

光が集中するために効果が抜群で、狭い部位や太い剛毛を脱毛したい場合にピッタリです。

脱毛完了までの日数も短か目で、照射を2週間に1度おこなっていけば、約3ヶ月で効果が実感できます。

ただ背中や足のような広いパーツには向いていません。1回の手入れに時間が必要で、打ち漏れの可能性も高くなります。

また、レーザーを照射した時の「痛み」も見逃せないデメリットです。
ネットでも「想像以上の痛みで、うめいてしまった」「照射の直前はビクビクしてしまう」といった口コミが目立ちます。

特に痛みを感じやすいのは脇、デリケートゾーン、骨付近のスネといった部位で、もしこれらのパーツを脱毛するなら気をつけましょう。

あと、レーザーが肌の黒い部分に反応する場合があるので、シミ・ホクロにはカバーをするか、照射そのものを避けるようにして下さい。

高周波(超音波)式

高周波脱毛器は、ピッカーというピンセット状の先端でムダ毛をはさみ、そこに微弱な電流を流して発毛を防ぎます。光は用いないため、目の近くの部位(額の生え際、眉など)の手入れができます。

また、光による方式では日焼け肌の毛、白髪は脱毛が難しいのですが、高周波なら問題ありません。

ただ、毛をまとめて処理できないために手間がかかり、広いパーツには向いていません。スピーディに脱毛をおこないたいなら、フラッシュ式の方が楽でしょう。

サーミコン(熱線)式とローラー式

フラッシュ式、レーザー式、高周波式は、熱によるダメージを毛根に与えて発毛を阻害します。しかし「サーミコン(熱線)式」「ローラー式」の場合、毛根には影響を与えません。

サーミコン式脱毛器は、ヘッドの熱線を用いてムダ毛を手入れします。肌表面にある部分を焼き切るだけなので、毛はすぐに伸びてきます。

ただ、カミソリで処理した時と違って毛先が丸くなるので、肌がチクチクするのが嫌な人は助かるでしょう。

そして「ローラー式」ですが、これはローラーを転がすことでムダ毛を絡ませ、根元から引き抜きます。

毛抜と同じやり方なわけですが、広範囲を素早く手入れできるのが利点です。
もちろん肌や毛穴へ負担をかけるので、おすすめはしません。

主な家庭用脱毛器の値段はいくらくらい?

値段はいくらくらい?
家庭用脱毛器の購入を決めた時、1番気になるのがその価格でしょう。

ここではネットのデータを参考に、主な家庭用脱毛器の値段をまとめてみました(「照射面積」「1ショットあたりの単価」も併記しておきます)。

・ケノン
値段…69,800円(税込)
照射面積…9.25平方センチ
1ショットあたりの単価…0.04〜0.59円

・シルクエキスパート
値段…49,299円(税込)
照射面積…6平方センチ
1ショットあたりの単価…1.78円

・4x
値段…38,999円(税込)
照射面積…1平方センチ
1ショットあたりの単価…0.08円

・ラヴィ
値段…40,000円(税込)
照射面積…6平方センチ
1ショットあたりの単価…0.24〜0.61円

・レイボーテグランデ
値段…116,640円(税込)
照射面積…12平方センチ
1ショットあたりの単価…0.05円

・ルメア・プレステージ
値段…57,998円(税込)
照射面積…4平方センチ
1ショットあたりの単価…0.20円

・光エステ
値段…25,200円(税込)
照射面積…5.4平方センチ
1ショットあたりの単価…0.29円

このうち、1番高価なのはレイボーテグランデの116,640円、そして1番安いのは光エステの25,200円です(ちなみにもっと安価な機種もあるのですが、それらは実際には「除毛器」ということで除外してあります)。

上述したように、買う時にはカートリッジのことを考慮しなければなりません。上には記しませんでしたが、カートリッジの値段がどれくらいなのか、自分でチェックしておきましょう。
本体価格+カートリッジの値段を比較することで、本当の価格差が分かります。

そして、ワンショットの単価も大切です。一覧を見て、「ワンショットあたりのコストの違いなんて、大した事ない」と考えてしまう人がいるかもしれません。

しかし、脱毛は1回の照射で終りではなく、2週間に1回継続する必要があります。つまり、ワンショットのわずかな差でも、蓄積されることで大きな違いとなるのです。

最後に「照射範囲」もチェックしなければなりません。ショットの数は1回の照射範囲と反比例して減少していきますから、カートリッジも節約できます。

なお、上の一覧では4xの照射範囲が小さくなっていますが、これは4xがレーザー式だからです。
フラッシュ式のレイボーテグランデやケノンのデータと比べると、大変な差があります。

広い部位を手入れしたい場合は特に、照射面積と単価の数値を把握しておきましょう。その上で、なるべく自分の目的・予算に合ったものを購入して下さい。

以上、家庭用脱毛器の選び方のコツや特徴などについて紹介してみました。いかがだったでしょうか?

何度も書いたように、家庭用脱毛器はその機種・方式によってその効果が相当違ってきます。
また本体だけでなく、カートリッジの価格を調べておくことも大切です。

ぜひ自分に合った製品を選び、心地よい脱毛生活を送って下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*