顔の産毛は脱毛するのがおすすめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

顔というのは内心の動きを絶えず反映する繊細な部位です。

個性の面でも身体で最も重要なパーツであり、人を引きつける魅力を備えている点では他の四肢など比較になりません。
女性がその魅力を増すため、肌のお手入れを熱心にするのも当然のことでしょう。

ただ、お手入れの際に「邪魔だな」とつい感じてしまうものがあります。

それは額、頬、そしてフェイスラインに細かく生えている産毛——。

特に毛深い人など、鼻下にある産毛は悩みのタネ。そのままだとヒゲに見えてしまうので毛抜きやカミソリなどで自己処理するのですが、どうしても肌に負担をかけ、コンディションが悪くなりがちです。

また、産毛というのは化粧のノリを悪くします。いつも肌の手入れに気合を入れている人にとっては、とにかくイライラする存在でしょう。

こんな産毛とは永遠にサヨナラしようと、最近はサロンに通って脱毛してもらう女性も多くなっています。

昔、顔は「脱毛のしにくい部位」といわれ、サロンのキャンペーンでも値下げの対象にはなりませんでした。そのために料金が安いとはとても言えなかったのです。

ところが最近になって新しい施術方法が色々と生み出され、費用もディスカウントされるようになりました。以前より手軽に施術を受けられるようになったため、脱毛人口が急増しています。

とはいっても、これまで脱毛サロンなどとは縁のなかった女性にとって、契約して施術に通うというのは何となく不安を覚えるものです。

そこでこのページでは、顔脱毛に関する情報や、評価の高いサロンを紹介。さらに、施術に通ううちに生じがちな疑問点についても、取り上げてみることにしました。

以下の情報が、産毛の処理で悩んでいる女性の一助になれば、と思います。

現在の脱毛方法はどのようなものなのか

顔脱毛について説明していく前に、まず現在の脱毛方法とはどのようなものなのか、簡単に解説しておきます。

昔、脱毛の施術というのはかなり面倒な作業でした。特別に開発されたプローブと呼ばれる針を毛穴ひとつひとつに突き刺し、電気を流して毛根を焼き切っていたのです(これを「美容電気脱毛」または「ニードル脱毛」と呼びます)。

これは毛根に損傷を与える点では効果抜群なのですが、何しろひとつひとつの毛穴に針を刺していくわけですから、相当な痛みがともないます。おかげで、「脱毛は痛くて大変」というイメージが一般の人にも広まってしまいました。

やがてこのニードル脱毛は「時間と手間がかかりすぎる」ということもあって廃れました。
代わって現在メインになっているのが「光脱毛(フラッシュ脱毛)」。
ムダ毛の生えた肌にレーザー系の特殊な光を直接照射していきます。

一口に光といっても、様々な種類があります。そのうちサロンで最も広く使われているのが「IPL(インテンスパルスライト)」。

このライトは皮膚自体は素通りし、その奥にある毛根部分に達すると初めて光から熱に変わります。そしてその高熱によって、毛乳頭、毛母細胞などの発毛を促す組織に大きなダメージを与えるのです。

もともとIPLは、美肌ケアのためにエステで使われていました。ところが顧客の間で「毛が生えなくなった」という声が上がり、そのことで脱毛用にも流用されるようになったのです。したがってシミなどにも治癒効果があり、施術を重ねていくと肌の状態も改善されていきます。

近年ではこのIPL以外にも、SSC脱毛、SHR脱毛、ハイパースキン法といった新しい方式が開発され、施術方法もバリエーションに富んできました。

これらの方式はそれぞれ特徴を備えているので、メリット・デメリットを把握した上で自分の好きなものを選ぶといいでしょう。

脱毛の可能な顔の部位はサロンごとに違う

顔脱毛で気をつけたいポイントのひとつは、サロンごとに施術可能な部位が違う、ということ。

あるアンケートによると、施術してもらいたい顔の部位トップスリーは、眉間、鼻の下、アゴ、となっています。しかし、これらの部位についても、施術できるかどうかはサロン次第です。

たとえば、有名なサロンの施術可能部位をあげてみると——

脱毛ラボ……鼻下、もみあげ、顎

ディオーネ……額、頬、鼻、鼻下、顎

ミュゼ……鼻下、顎

ジェイエステ……目元、鼻下、頬、口周り、顎、フェイスライン

といった具合で、各店によってバラバラです。

ということで、サロンの宣伝で「顔脱毛もオーケー」とうたってあったとしても、希望部位を100%脱毛してもらえるかどうかは分かりません。

せっかくサロンに直接行ったのに「そこは施術できません」などと言われると腹が立ちますので、脱毛できる部位についてはサイトなどでチェックしておきましょう。

顔脱毛の平均料金ってどれくらい?

初心者が顔脱毛をやりたいと思った時、まず頭をよぎるのは、

「料金はどれくらいかかるのか?」

ということでしょう。

20社に及ぶ有名サロンのデータによって顔脱毛の平均料金を算出してみると、「41,033円」という金額になりました。

これを「高い」と感じるのか「安い」と感じるのかは、その人の脱毛への熱意次第でしょう。

ちなみに顔脱毛をしてもらおうと思ったら、サロンだけではなく、専門の医療クリニックも選択肢のひとつとなります。

こちらもデータがあったのでその平均を計算してみたところ「131,325円」という額になりました。

つまり医療クリニックで施術すると、サロンに比べて3倍以上費用がかかるわけです。

「ちょっと高すぎる」と思われる人もいるかもしれませんが、クリニックでは「永久脱毛」というメリットがあり、これだけの費用にふさわしい施術を受けられます。

サロンにするかクリニックにするか——。料金と結果を考えて、自分の都合に合ったところで脱毛して下さい。

初心者なら「お試しコース」

サロンのプランの中で初心者にもってこいなのは「お試しコース」です。

そのサロンの脱毛技術、サービス、接客態度などが安価に分かり、正規プランを契約する際の参考になります。

なお申し込みは、店に電話するより、特典のあるネットからにしましょう。希望するサロンのサイトへ行き、料金などをしっかりと確認した上で手続きします。

手続き後はサロンに足を運ぶことになりますが、まず最初にカウンセリングを受けます。

内容は、希望部位や病歴等の聞き取り、プランに関する説明、そしてアンケートなど。ちょうどいい機会なので、

「脱毛完了まで何ヶ月?」
「導入されている脱毛器の種類は?」
「永久脱毛は可能?」

など、色々質問してみましょう。

初日はカウンセリングのみで終わり、施術の方は後日受けることになります。

施術時には——

・スタッフのサービスは?
・施術には痛みがともなう?
・術後の保湿には気をつけているか?

などをしっかり確認しましょう。

これで気に入ったら、そのまま契約ということになりますし、不満があれば契約はせず、他の店を再びチェックすることになります。

最近はちょっとした脱毛ブーム。サロンも多くなっていますから、自分に最適な店にきっと出会えるはずです。

評価の高い「キレイモ」と「ジェイエステティック」

顔脱毛で人気のある2つのサロンを紹介します。

まずは「キレイモ」。渡辺直美、板野友美、ぺこ&りゅうちぇるなどを起用したテレビCMで有名です。

ここの顔脱毛は他店よりも施術可能部位が多くなっているのが特徴。他店が不満で、わざわざキレイモで脱毛し直した人もいるようです。

続いて推薦するのは、「ジェイエステティック」。

ここでの人気プランが「フェイス6」。料金が1回わずか2,500円ですから、人気となるのも当然でしょう。「お手軽な料金で顔脱毛がしたい」という人にはピッタリ。

「サロンが多すぎて、どこに行けばいいのか分からない……」という方は、ぜひこの2店をチェックしてみて下さい。

以上、顔脱毛に関して基本となる情報をお届けしました。

これ以降は、施術についての色々な疑問点や、注意すべきポイントについて説明していきましょう。

歯の治療中、施術はできるのか?

毛が再生しないようにするためには、意外に手間と日数がかかります。施術が数ヶ月に達することは当たり前なので、その期間中に歯医者に行く人もいるかもしれません。

両方とも予約制ですが、脱毛と歯の治療を同じ週に行なうこともあるでしょう。何か問題はないのでしょうか。

サロンによると、「普通の歯の治療ならオーケー」とのこと。

ただ、注意が必要なのは、歯医者で処方される痛み止めについてです。

実は痛み止めの一部には、「光線過敏症(光過敏症)」を誘引する成分が配合されています。これは光の照射で肌に過剰反応が生じるもので、施術するならその摂取を控えなければなりません。

かゆみ、むくみ、水ぶくれといった症状が出ると厄介なので、痛み止めを飲んだ場合は必ずスタッフに告げるようにして下さい。

ちなみに虫歯についても、光によって痛みが激しくなることがあります。そんな事態を避けるためにも、口付近の施術は避けた方がいいでしょう。

また、歯列矯正の器具も、光の照射で熱が発生することがあります。
火傷になりかねないので、この場合も口周辺の施術は後回しにしましょう。

ただ、プラスチックやセラミック製なら問題ありません。

このように施術の条件は入り組んでいるので、必ずスタッフと相談しながら脱毛して下さい。

ニキビがあると施術は無理?

脱毛では特殊な光を使うため、ごくまれに体調に変調をきたす人もいます。それを避けるため、施術についてはサロンの方で色々な条件を設けています。

たとえば肌が乾きすぎていると施術できませんし、意外なことにムダ毛が剃られていない場合も施術は不可になります。

では顔にニキビができているとどうでしょうか?

サロンに質問すると、ほとんどの店で「施術はオーケー」でした。

というのも施術で用いられるIPLという光は、毛乳頭や毛母細胞といった発毛組織に損傷を与えるだけで、ニキビには害を及ぼしません。施術しても問題はないのです。

ただ炎症がひどい場合、話が違ってきます。照射で炎症が進むこともあるので、施術するかどうかはスタッフに判断を委ねましょう。

施術によってシミやそばかすができる?

現在、よく行われている脱毛方法は、メラニン色素に反応するIPLやレーザーといった光を肌に当てるというもの。

「そんな特殊な光が当たったら、肌に黒ずみやシミができるのでは?」と不安を覚える人もいるかもしれません。

確かに太陽の光での日焼けは、そばかすやシミの原因となります。施術でのライトも光度が大きいため、つい紫外線と同じ様に肌に悪いのでは、と思い込みがちです。

しかし、IPLというのはエステなどで肌のケアにずっと使われてきた歴史があります。肌に対して害を及ぼすものではありません。

「でもネットでは『脱毛したために、シミや黒ずみができた』という口コミを見かけるけど?」と反論する人がいるかもしれません。

それに関しては、理由が2つ考えられます。

まず、ターンオーバーが進行することで、肌の深層に隠れていたシミが表面に出てきた、というもの。

施術によって新陳代謝が促され、シミ予備軍が肌表面に出てくるのはよくあることです。

ただ、それらはターンオーバーが進むとほとんどが消えてしまいます。

あと施術によって乾いた肌にうっかり傷がついて痕になる場合。これをシミだと誤解することがあります。

ともかく、脱毛が直接の原因となってシミや傷ができることはありえません。
施術しても安心です。

サロンに出かける時、メイクはどうすれば?

顔脱毛を始める際、女性が不安を覚えることのひとつは、

「サロンまで化粧なしで行かないといけないの?」

ということ——。

素顔でも肌のきれいな10代の女の子なら、もちろん問題はありません。しかし、毎日メイクをバッチリ決めている大人の女性にとって、化粧なしで外出するというのは結構抵抗のあることです。

結論を先に言ってしまうと、化粧して行っても大丈夫です。

サロンには専用ブースが設けてあり、施術前にメイクをオフできます。
しかも店の中には、スタッフが無料で化粧を落としてくれるところもあります。

ただそうはいっても、あまりに濃いメイクをしていくと、それを落とすだけで時間が取られます。

やはり化粧は抑え気味にし、時間を節約するようにしましょう。

以上、顔脱毛の情報などについて様々な面から紹介してみました。いかがだったでしょうか?

ぜひ上記の情報を参考に、サロンと契約して下さい。
施術を続けるうちに、肌のコンディションも以前より良くなっていくはずです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*