自己処理のデメリット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
kenuki

自分でムダ毛を脱毛する方法は実に様々です。
毛抜きやガムテープ・ワックスなどで毛を抜く方法やカミソリやシェーバーで毛を剃る方法、
脱毛クリームで体表面のムダ毛を溶かす方法などいずれもお手頃な値段で思いついたときにすぐ処理できるという特徴があります。

しかし、素人が脱毛する場合どうしてもむらができてしまい、綺麗なつるつるのお肌に仕上げるのは難しいものです。
デリケートゾーンなどは誰にも見られたくないので自分で・・と思うかもしれませんが、
自分では見えにくく処理しづらい部分のムダ毛などはプロに頼んだ方が安全ですし、綺麗に仕上げてもらえます。

そして自己処理はもちろん永久脱毛ではないので、毛が生えてきたらまた処理を行わなければなりません。
何より心配なのは自己処理を行うことによるお肌への悪影響です。

カミソリなどで毛を剃るとお肌がカミソリ負けを起こしてしまい、表面が乾燥しやすく炎症になってしまう場合もあります。
そして数日後少し毛が生えてきた状態はジョリジョリした感触で、とても人に見せられるお肌の状態とは言えません。
また毛抜き等で抜いた後は皮膚が強い力で引っ張られていると、毛穴部分の皮膚がぽつぽつと盛り上がってしまいます。

その後毛が皮膚の中に埋もれて外に出られなくなったりといった埋もれ毛のトラブルになることもあります。
ワックスや脱毛クリームなども成分によっては、お肌に負担がかかって荒れてしまう可能性もあります。
このような理由から、お肌を安全に、かつ美しく脱毛するならやはり自己処理は避けた方が良いと言えます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*