脱毛コラム

日本でもすっかり普及した「VIO脱毛」ってどんなもの?

「色の白いは七難隠す」ということわざがあります。
その意味は「肌の白い女性は容姿に色々な欠点があっても、それを補ってあまりあるくらい魅力的だ」ということ。

こんなことわざがあるくらい、女性のみずみずしい肌の美しさは男性を魅了します。

若い女の子が寒い季節でも肌を露出した服を着たりするのは、人の目を惹きつけるその魔力を知っているからでしょう。さらにスタイルの美しさを兼ね備えていれば、男性だけでなく同性でもつい視線を向けてしまいます。

周りの視線を浴びれば嫌な気持ちはしません。
「これからもっと肌を見せよう」という気になるでしょう。

ただ健康的で引き締まった肌をアピールするのは構いませんが、その時に注意したいのが、いつの間にか伸びているムダ毛の存在。

処理をしっかりしていないと見栄えが悪いですし、一旦みずみずしい肌に視線を向けた男性からも「あんなに見せびらかしているくせに手入れを怠っているのか」と軽蔑されかねません。

ただ、毎週のようにカミソリや毛抜きで自己処理するのは大変という女性も多いでしょう。そんな人にとってありがたいのは、プロが効率的に脱毛してくれるサロンやクリニック。テレビのCMも盛んに流れているので、いくつかの店名はすっかり世間でもおなじみです。

実は、脱毛がこれほど盛んになったのは近年になってから。以前は「特殊な針を毛穴に刺して電気を流す」という厄介な方法を取っていたこともあり、費用も安価とは言えませんでした。そのせいで「カネとヒマを持て余した中年女性がおこなうゼイタクな美容法」というイメージがつきまとっていたのです。

しかし最近ではレーザー技術を応用した脱毛機が発明され、施術料もグッと下がりました。
新規オープンする店も多くなり、初心者を取り込もうと各店舗がしのぎを削っています。

また、脱毛のターゲットとなる部位も以前より増えました。昔は夏場に露出するところ(ワキや脚)が施術パーツのメインだったのですが、現在では腕や顔、それに「VIO」という部位が人気を集めています。

それを聞いて「え、VIOって体のどこの部分?」と驚く女性もいるでしょう。確かに脱毛人口は拡大しましたが、サロンや専門クリニックとはほとんど縁のない人もまだまだ多いのですから当たり前です。

そこでこのサイトを立ち上げてみました。VIO脱毛に関する基本的な紹介をおこない、あわせて脱毛一般のトピックもいくつか解説しています。

「VIO」って一体どこの部位?

「VIOとは何でしょう?」と聞かれて、「コンピューターのブランド名」と答える人がいるかもしれませんが、もちろんそれは違います。実は美容界で「デリケートゾーン」と呼ばれる部位、つまり女性器やお尻の周辺のこと。

V、I、Oはそれぞれ——

・Vライン(股間前面のデルタ地帯で、いわゆる「ビキニライン」)
・Iライン(女性器に沿った両サイドの帯状部位)
・Oライン(肛門を中心点とした半径2センチほどの円形部位。別名「ヒップ奥」)

をあらわしています。

つまり、各パーツと形状の似たアルファベットがあったことから「VIO」とされたので、別に特殊な用語の略ではありません。

というわけで、「VIO脱毛」はアンダーヘアーの脱毛を指します。

そしてそれに関連して「ハイジニーナ」という言葉もあり、これはVIOすべてをツルツルの無毛状態にすること。

「外国のセレブの間でアンダーヘアーの脱毛が流行」というニュースが日本に入ってきた時、その呼び名は「ハイジニーナ脱毛」でした(現在でも、VIOと言わず「ハイジニーナ脱毛」という呼び名にこだわっているサロンや医療クリニックもあるようです)。

その時は、美容に関心のある女優やモデルが実践している風変わりな脱毛、というイメージがあったのですが、それから月日が経ち、いまでは日本でもすっかり定着してしまいました。

「これから脱毛したい」という女性に「1番施術したい部位は何?」と聞くと、ワキに続いてVIOが2位になることが多いようです。

ただ上で記したようにVIOは3つの部位を合わせた呼び名なので、実際の脱毛にあたってはそれぞれ個別に施術することもできます。

Vライン脱毛の定番デザインとはどんなものか?

Vラインは、VIOの3つのパーツのなかでも、特に施術希望が集中する部位です。

欧米ではハイジニーナがポピュラーなので、Vラインも徹底的にツルツルにしてしまう女性がかなりいます。しかし、日本ではまだまだツルツル状態には抵抗があるらしく、たいていの女性が一部のヘアーを残すようです。

その場合、「残ったヘアーをどんなデザインにするか」が問題となります。

サロンやクリニックでは、以下のように定番デザインを何種類か用意しています——

・逆三角形

定番デザインの中でも1番ポピュラーなもの。とても自然に見えるので、「『いかにも脱毛した』というデザインはイヤ」という女性にはピッタリでしょう。

・オーバル型

オーバルというのは英語で「楕円」を指します。ナチュラルさには欠けますが、丸みを帯びた可愛いらしさがあり、女性らしさをアピールできるというので人気があります。

・Iライン型

細い帯状にアンダーヘアーを処理します。定番デザインの中でも1番大胆なものでしょう。きわどい下着や水着を楽しみたいという女性には最適。また足の付け根が切れ上がった印象になるため、脚線美を強調したい人にも向いています。

・Uライン型

「逆三角形」をアレンジし、角張った縁を柔らかい感じに処理したもの。自然な雰囲気を保ちながら脱毛範囲を広げたい、という人にピッタリです。

・スクエア型

「Iラインはきわどすぎてできない……」という女性がよく選ぶデザインです。ただ、やはりナチュラルな印象はないので、好き嫌いははっきりと分かれてしまうでしょう。

ちなみに、サロンではなくクリニックで脱毛してもらう人は、デザインはよく考慮した上で決めて下さい。

というのもクリニックのレーザー脱毛の場合、発毛機能は完璧なまでに破壊されます。一度脱毛してしまうともうヘアーは復活しないことがほとんどなので、変更がききません。

もし余りに奇抜なデザインにしてしまうと後々悔やむ場合もあるので、なるべくナチュラルにとどめておく方が無難です。

VIO脱毛の施術料は一体どれくらい?

脱毛してみたいと考えた時、まず最初に調べてみるのはその費用でしょう。

実は一口に「脱毛」といっても、色々なやり方があります。

たとえば、サロンと契約して光脱毛を受けるのか、医療クリニックを選んでレーザー脱毛を受けるのか。
毛の量が減る減毛でいいのか、完全な無毛状態にしたいのか。高額でも脱毛完了までの日数を少なくしたいのか、あるいはどこまでも安い料金にこだわるのか……。

それらの条件によって、料金にも少なからぬ差が出てきます。

ここではいくつかのケースに絞って、「VIO3つをすべて脱毛するコース」の費用を紹介してみます。

まず、サロンで施術を受ける場合。

有名サロンの料金は下の通りです——

毛を減らす程度にする

・ミュゼ
料金総額……116,640円[施術12回で、1回は9,720円]

・銀座カラー
料金総額……163,244円[施術12回で、1回は13,603円]

・ディオーネ
料金総額……103,680円[施術12回で、1回は8,640円]

徹底的に無毛状態にする

・ミュゼ
料金総額……174,960円[施術18回で、1回は9,720円]

・銀座カラー
料金総額……163,244円[施術18回で、1回は9,070円]

・ディオーネ
料金総額……165,240円[施術18回で、1回は9,180円]

続いてクリニックで施術を受ける場合。

有名クリニックの料金は下の通りです——

毛を減らす程度にする

・湘南美容外科
料金総額……60,750円[施術6回で、1回は10,125円]

・アリシアクリニック
料金総額……61,900円[施術5回で、1回は12,380円]

・リゼクリニック
料金総額……98,800円[施術5回で、1回は19,760円]

・城本クリニック
料金総額……92,700円[施術5回で、1回は18,540円]

徹底的に無毛状態にする

・湘南美容外科
料金総額……82,620円[施術9回で、1回は9,180円]

・アリシアクリニック
料金総額……92,880円[施術8回で、1回は11,610円]

(リゼクリニックと城本クリニックは、8回、9回のプランなし)

こうして比較していくと、サロンの方は回数が多いためにかえって割高に。普通高いとされるクリニックの方が格安なのがわかります。

特に湘南美容外科がリーズナブルなので、VIO脱毛してもらうならここが有力候補でしょう。

VIO脱毛は痛い?

あるアンケートによると、VIO脱毛の施術時に痛みを感じた人は、全体の90%にものぼりました。つまり、ほとんどの人が「痛い」と思いながら施術してもらったわけです。

なぜVIO脱毛が痛いのかと言うと——

・デリケートゾーンは他の部位に比べて皮膚が薄い
・生えているヘアーが太い

という2つの特徴のせいです。

施術時には毛根に熱を加えます。そのため、どうしても毛穴が火傷に近い状態になるのですが、皮膚が薄いとその痛みを他の部位よりも感じやすくなります。

またへアーが剛毛の場合はそれだけ毛根も大きくなります。そんな毛根が高熱に包まれると、その毛穴に接する面積が広くなるため、痛みを感じる度合いが高くなるわけです。

なお、脱毛サロンと医療クリニックでは施術に使われるマシンが違っており、それが施術時の痛みにも反映されています。

医療クリニックでは一般的に「レーザー脱毛」がおこなわれています。これはダイオード、ヤグ、アレキサンドライトといったレーザー光を使う脱毛方法で、いずれも照射パワーが強烈。肌の奥にしっかりと到達して徹底的に毛根を破壊します。その代りに痛みがまた激しくなるわけです。

一方、脱毛サロンでは「フラッシュ脱毛(光脱毛)」による施術が主流。そしてマシンの種類によって、IPL脱毛、SSC脱毛、SHR脱毛、ハイパースキン脱毛の4つに分けられます。

これらの脱毛方法は、いずれも使われる光線がレーザーよりも弱いために痛みが軽微ですみます。そのうちでもとりわけ痛みが少ないのがハイパースキン脱毛です。

これは毛穴の内側のパーツである毛包を熱し、その周辺に存在するバルジ領域にダメージを与えるというもの。これまでよく使われてきたIPL脱毛よりも照射パワーが抑制できるため、痛みがさらに少なくなっています。

もしどうしても痛みがイヤだったら、このハイパースキン脱毛での施術を選んでみましょう。

トラブル回避のためにも施術後は肌をケアしよう

サロンや医療クリニックでは、マシンで脱毛をおこないます。

現在メインとなっている機械は、レーザー系のライトを肌に直接当てるもの。このライトは肌を素通りし、メラニン色素を含有する毛と毛根部位だけにダメージを及ぼします。

この時、毛根は高熱に包まれるので、その毛穴も軽い火傷を負うことになります。

するとその周辺の肌も乾燥してしまい、バリア機能が一時的に弱体化します。そうなるとかゆみや赤み、そしてむくみといった症状が生じやすくなります。

それだけならまだマシですが、その部位を爪で掻いたりすると菌が侵入し、もっと重篤なトラブルの元凶となります。

特に気をつけたいのが毛嚢炎です。これは菌が毛穴から入って炎症となったもの。見た目が赤くブツブツしているために、よくニキビと間違われます。

炎症は軽微なので、かゆみも痛みも生じないのが普通です。放っておいても、1週間くらいで自然に治ってしまいます。

しかし毛穴の深部に感染が達すると、徐々にふくらみが大きくなっておできのようになり、かゆみや痛みが激しくなります。

症状が進むと慢性化し、何回も発症するようになるので注意が必要です。そうなると炎症の範囲も広がり、醜い痕が肌に残ることになります。

そんな厄介な事態を避けるためにも、施術後は入浴、飲酒、汗を伴う運動は避け、刺激に敏感な肌を守りましょう。

以上、VIO脱毛についての情報を色々紹介してみました。いかがだったでしょうか?

もし、頻繁にアンダーヘアを自己処理しているでしたら、ぜひ一度脱毛してもらうことをおすすめします。自己処理はとにかく皮膚に悪いので、深刻な肌トラブルを引き起こしかねません。

脱毛すれば股間が清潔になるばかりでなく、肌トラブルを未然に防止することができます。

「足脱毛をしたいけど、初めてなので不安……」という女性に

女性の足というのは、セックスアピールを備えているという点で体の中でも群を抜いたパーツ。
修行を積んで雲に乗れるようになった仙人が、女性のみずみずしい足を見て煩悩を起こし、雲から落下した、という逸話が残っているほどです。

男性の視線を引きつけるのはいいのですが、近くによってしげしげと見つめられた時、肌に生えているムダ毛には気をつけなければなりません。いくらスラリと伸びたシルエットの美しい美脚でも、一面に毛が生えていたのでは興ざめです。

それどころか、「こんなになるまでムダ毛を放っておくなんてどういう女なんだ……」と軽蔑の目で見られる可能性もあります。

もちろん、美しさを磨くことに熱心な女性なら、こんなことは釈迦に説法でしょう。1ヶ月に何度も自己処理を行い、スベスベの肌を保つことに余念がない人も多いはずです。

ただ足は面積が広いだけに自己処理は大変ですし、おまけに厄介なのは肌への刺激。
カミソリや毛抜きなどでムダ毛を剃ったり抜いたりしていると肌に傷がつき、あまりにそれが度を越えると、色素沈着などのトラブルを起こす危険性もあります。

肌をキレイにするための自己処理なのに、トラブルを招いては話になりません。

「面倒くさいし黒ずみはできるし、こんな厄介な自己処理はやめて、テレビでも宣伝している脱毛をやってみようかな……」

そんな風にふと思ってしまう女性も少なくないはずです。

ただまるで経験がない場合、サロンやクリニックに足を運んでプランを選び、契約書を読んでサインするというのは、考えただけで億劫な行為です。

また、「脱毛完了までにどれほどの日数が必要なのか」、「施術の頻度はどれくらいか」、「最終的にどれくらいの予算を考えておけばいいのか」等、様々な疑問も思い浮かぶでしょう。

結局、こうした疑問がネックとなり、脱毛をおこなうことなく自己処理を継続している、という人も少なくありません。

そこでこのページを立ち上げました。サロンや医療クリニックでの足脱毛の費用、どのプランがいいのか、脱毛完了までにかかる期間や施術回数など、初心者が知りたい情報を色々と紹介してみることにしました。

これらの情報が、脱毛に関心のある初心者の役に立てば、と思います。

料金の点でおすすめなサロンと医療クリニック

足というのは体の中でも面積の大きな部位。そのムダ毛を処理する手間は、ワキや顔の比ではありません。

そのため、サロンやクリニックの脱毛においても、「ひざ上」「ひざ」「ひざ下」「足の甲・指」といった細かいパーツに分けた上で、それぞれの施術がおこなわれます(もちろん、足全体のパックプランもあります)。

各部位の料金は店や医院によってかなりの違いがあるので、公式HPなどを細かくチェックすることが欠かせません。
そこに示された料金を比較検討することによって、よりお安く脱毛できます。

では数多くのサロンやクリニックの中で、特に料金がリーズナブルなところはどこなのでしょうか。

その名前とその料金をまとめてみると、まずサロンでは——

ミュゼ

・ひざ上……18,000円(6回の施術)
・ひざ下……18,000円(6回の施術)
・ひざ……ひざ下に含まれる
・足の甲・指……12,000円(8回の施術)
・足全体……48,000円(8回の施術。ひざ上・ひざ下は6回)

銀座カラー

・ひざ上……42,000円(8回の施術)
・ひざ下……42,000円(8回の施術)
・ひざ……21,000円(8回の施術)
・足の甲・指……21,000円(8回の施術)
・足全体……制限なしで151,152円

ジェイエステティック

・ひざ上……31,200円(8回の施術)
・ひざ下……31,200円(8回の施術)
・ひざ……14,400円(8回の施術)
・足の甲・指……14,400円(8回の施術)
・足全体……91,200円(8回の施術)

脱毛ラボ

・ひざ上……47,840円(8回の施術)
・ひざ下……31,840円(8回の施術)
・ひざ……ひざ下に含まれる
・足の甲・指……15,840円(8回の施術)
・足全体……95,520円(8回の施術)

クリニックでは——

アリシアクリニック

・ひざ上……55,000円(5回の施術)
・ひざ下……41,250円(5回の施術)
・ひざ……13,750円(5回の施術)
・足の甲・指……13,750円(5回の施術)
・足全体……92,900円(5回の施術)

リゼクリニック

・ひざ上……79,800円(5回の施術)
・ひざ下……89,800円(5回の施術)
・ひざ……ひざ下に含まれる
・足の甲・指……19,800円(5回の施術)
・足全体……119,800円(5回の施術)

湘南美容外科クリニック

・ひざ上……81,000円(6回の施術)
・ひざ下……81,000円(6回の施術)
・ひざ……28,750円(6回の施術)
・足の甲・指……28,750円(6回の施術)
・足全体……219,500円(6回の施術)

KM新宿クリニック

・ひざ上……60,000円(5回の施術)
・ひざ下……60,000円(5回の施術)
・ひざ……ひざ下に含まれる
・足の甲・指……20,000円(5回の施術)
・足全体……100,000円(5回の施術)

となりました。

サロンの中でもずば抜けて料金がリーズナブルなのは、なんといってもミュゼです。
足の大部分を占めるひざ上・ひざ下を施術してもらっても、たった36,000円。他の店に行くよりも数万円お安くなります。

ただ、足全体(太ももからつま先まで)を脱毛したいとなるとイチオシは銀座カラーです。何しろ通い放題なのに価格は151,152円。リーズナブルに足をツルツルにしたいという人は、ぜひ通い放題のコースを選んで下さい。

続いてクリニック。レーザー光を使っていて、サロンより脱毛効果があるだけに費用も高めになります。その中でも、アリシアクリニックは非常にお得。ひざ上、ひざ下、ひざ、足の甲・指をすべて脱毛できる足全体プランが92,900円です。

クリニックにもとんでもない高級医院があり、部分脱毛なのに40万円以上の費用が必要なところもあります。
それと比べると、足全体を脱毛できて10万円以下というのはビックリするほどお得です。

試しに脱毛を体験したいならジェイエステティックで

全身脱毛ほどではないにしろ、足も面積があるだけにその脱毛料金は安いとはいえません。

「未経験なのに、高額のコースをいきなり契約するのは怖い」という人は、ジェイエステティックの「両ワキ完了12回+選べる3部位1回」で施術を体験してみましょう。

これは文字通り、両ワキと好きな3部位を脱毛できるというコース。回数に制限はありますが、たった300円で施術できます。

これを経験した後、改めて通いたいサロンやクリニックを見つけましょう。

脱毛完了までの回数と期間について

足脱毛の料金については上の説明でお分かりになったと思います。

続いて、脱毛完了までの期間と回数について説明しましょう。

ネットでサロンとクリニックのデータをチェックすると、次のような結果になりました——

脱毛サロン

回数……8回〜12回
期間……1年〜2年
施術ペース……2ヶ月に1回

医療クリニック

回数……5回〜6回
期間……約1年
施術ペース……3ヶ月に1回

「予想以上に時間と回数がかかる」と思った人が少なくないでしょう。

実は足は施術効果が現れやすい箇所です。それでも上記通りの長い期間が必要なのです。

これには現在の脱毛方法と、毛の成長サイクルが深く関わっています。

それを以下のセクションで解説していきましょう。

長い施術期間が必要な理由とは?

脱毛方法から解説します。

現在、サロンとクリニックで用いられている脱毛用機器のほとんどは、肌にレーザー系の光線を当てることでムダ毛に損傷を与えます。

この光線は表皮に当たっても何の変化もありません。
ただ黒いメラニン色素を含んだ毛だけには反応し、熱エネルギーに変わります。

この熱エネルギーは強烈で、皮膚の奥にある発毛組織(毛母細胞、毛乳頭、皮脂腺開口部)に大きなダメージを及ぼします。
このことで毛は成長を止め、肌はツルツルの状態になります。

「それなら1回の照射で完全に脱毛できるのでは?」と思われるかもしれませんが、そう安直にはいきません。というのも、ムダ毛は一本一本が同じに見えても、毛根部分ではそれぞれの状態が異なっているからです。

体毛は生えたり抜けたりを繰り返しており、その毛周期と呼ばれるサイクルは「休止期」「成長期」「退行期」という3つに分かれています。
このうち施術の効果があらわれるのは、毛が伸び続けている「成長期」だけです。

残りの「退行期」と「休止期」は、もはや毛の成長がストップしているために、施術しても意味がありません。

光を照射してから1〜2週間で成長期のムダ毛は抜け落ち、施術部位は1〜2ヶ月間、無毛状態となります。

やがて毛が成長したら再び施術。
これを長期間に渡って繰り返していくと毛そのものが細くなり、本数も減少します。

このようにして毛を毛根から弱体化していき、ようやく脱毛が終わるわけです。

そのため、施術は大変のんびりしたペース(1〜2ヶ月に1回)になってしまいます。

以上、なぜ脱毛に日数と回数がかかるのか、お分かり頂けたでしょうか?

上記の事情のため、施術をスピードアップするのは困難です。脱毛を始める前に「施術に1年以上通わなければならない」ということを理解しておきましょう。

プロの手で脱毛してもらうと足のブツブツが治る?

カミソリでムダ毛処理を続けていると、その部位に黒いブツブツができることがあります。

これは「埋没毛」といって、カミソリによる肌トラブルのひとつです。

カミソリで毛を剃るとどうしても角質層に傷がつき、それを治癒しようと新しい皮が作られます。

しかし、それがうっかり毛穴をふさいでしまうことがあり、そうなると表皮中で毛が伸びていきます。これが埋没毛です。

こんなトラブル回避のためにも、サロンやクリニックで脱毛しましょう。
自己処理の必要がなくなり、肌の良い状態が保たれます。

さらに保湿ケアに重点を置いたサロンやクリニックなら、術後の乾きがちな肌もしっかりと潤い、ケア効果も高まります。

施術を続けていれば、肌は間違いなくキレイになっていくでしょう。

足脱毛についての疑問点と回答

Q.施術を受ける時に適した服装とは、どんなもの?

サービスのよいサロンやクリニックでは、施術専用のガウンが用意してあります。そんな場合は、どんな服でももちろん構いません。

プラン価格が安い場合は、私服のままで施術をおこなうこともあります。
下半身がショーツ一枚になるので、ワンピースは避けた方がいいでしょう。

また、専用ジェルを用いるサロンやクリニックでは、ジェルがショーツに付着することがあります。店や医院側では替えを用意していないことも多いので、自分で持参して下さい。

Q.色素沈着があると脱毛できない?

大手のサロンとクリニックに聞いてみたところ、「残念ながら色素沈着があると施術は不可です」とのことでした。

上で説明した通り、マシンのライトは黒いメラニン色素に反応して熱に変わります。色素沈着にも反応することがあるため、火傷を避けるために施術はできません。

どうしても脱毛したいなら、「美容電気脱毛」の可能なクリニックに行きましょう。電気脱毛なら特殊な針を使うため、色素沈着があっても施術できます。

施術後のアフターケアはどうすれば?

脱毛機の光を浴びると、肌の防御力が一時的に衰えます。
ちょっとした刺激でもトラブルを起こしかねないので、アフターケアをキチンと行いましょう。

まず入浴は厳禁。汗や汚れをどうしても流したい人は、温度の低いシャワーを浴びて下さい。汚れを落とす時も肌をゴシゴシこすらないように。

また施術後の肌は炎症を起こしやすくなっています。施術当日はもちろん、翌日も潤いを欠かさず、保湿ケアに気をつけましょう。

保湿には普段から愛用しているクリームやローションを塗ってもいいのですが、敏感肌向けローションや乳液ならもっとケア効果があります。
化粧水の後にミルクローションを塗れば、潤いもたっぷり補給されます。

以上、足脱毛に関する初心者向けの基本情報を紹介してみました。いかがだったでしょうか?

繰り返し述べてきたように、肌に悪影響のある自己処理はやめた方が無難です。
肌のコンディションを改善するためにも、好みに合ったサロンや医療クリニックで脱毛してみましょう。

肌の状態を改善するためにも脱毛がオススメ

夏は休みを取る機会も多く、色々なことで積極的になれる季節です。猛暑続きということもあって、肌を見せる機会も増えるでしょう。

ただ、そのときに結構気になるのが腕に生えているムダ毛……。

人が視線を向けやすい部位なので、それらの毛をしっかり処理しておかないと、「みっともない」と言われかねません。

それは分かってはいるのですが、なにしろ毛の自己処理というのは時間がかかるものです。おまけにカミソリや毛抜きをずっと使っていると、その刺激で埋もれ毛や色素沈着が生じることも——。

「いっそのことサロンやクリニックで脱毛して、自己処理とはサヨナラしよう」

そう考えている女性も少なくないでしょう。

ただ脱毛未経験者にとって、サロンや専門クリニックというのは勝手が分からないものです。どうしても不安が先立って、行くのが億劫になります。

「施術って何回ぐらいすればいい?」
「痛みがあるって本当なの?」
「最終的に費用はどれくらいの額になる?」

これらの疑問が障害となり、結局は脱毛へ踏み出せずに自己処理を続けている、という人も少なくありません。

そこでこのページでは、腕脱毛の費用、メリット、そしてサロンとクリニックの良し悪しなどについて紹介し、そんな初心者の悩みを解決してみることにしました。

以下の情報が、ムダ毛でお悩み中の女性に役立てば、と思います。

腕脱毛にはどんなメリットがあるのか?

サロンやクリニックで脱毛の施術をしてもらうと、どんなメリットが得られるのでしょうか?

1.ムダ毛を心配せずにオシャレが楽しめる

腕のムダ毛は、ちょっとした瞬間に他人の目に触れてしまいます。
寒い時に自己処理をなまけたため、腕まくりをした時に軽蔑的な視線を向けられた、という経験を持つ女性も少なくないはずです。

恥ずかしい思いをしないためには腕毛の自己処理を1年中熱心にやる必要がありますが、サロンやクリニックで脱毛に成功すれば、どんな時でも好きなファッションを存分に楽しめます。

2.面倒くさい自己処理から解放される

腕のムダ毛は人の目に触れやすいため、毎週のように電気シェーバーで剃っているという女性も多いようですが、脱毛をしてしまえば手間のかかる自己処理から解放されます。

3.美肌効果を得られる

カミソリ、毛抜き、除毛クリームなどによる自己処理が原因で、肌荒れ、色素沈着、埋もれ毛などの肌トラブルに悩む人も少なくありません。

サロンで腕脱毛を行えば、フラッシュ脱毛の光の働きで美肌効果が期待できる上に、保湿効果の高いアフターケアも受けられます。
この2つの効果のおかげで、肌がますますキレイにみがかれるでしょう。

4.肌の触り心地が改善される

自己処理をなまけるとすぐにムダ毛が成長し、触り心地もチクチクザラザラして不快です。

サロンやクリニックで施術を受ければムダ毛が根元から処理されるため、ツルツルスベスベの肌に仕上げられます。

気になる腕脱毛の料金について

腕脱毛しようと決心するのはいいのですが、どうしても心配になってくるのがその予算です。

脱毛サロンや医療クリニックも数多くありますが、その中でも有名なところの公式HPで料金をチェックし、その平均を計算してみました。

その結果、サロンの場合は——

・腕(ヒジ上)……47,800円
・腕(ヒジ下)……48,600円

クリニックの場合は——

・腕(ヒジ上)……83,375円
・腕(ヒジ下)……82,500円

という数字となりました。

これだけみれば、サロンと契約して脱毛する方が安価ですむわけですが、クリニックも意味なく高い料金を取っているわけではありません。
やはりそれだけの良い部分はあります。

サロンとクリニックがどう違うのかについては、この後の文章で紹介しているので、そちらの方を参考にして下さい。

現在の脱毛方法はどうなっているのか?

脱毛は古代文明でもおこなわれていたと言われますが、近代に入って数々の技術が開発されると、それらが脱毛の施術に応用されるようになりました。

その中のひとつが「ニードル脱毛」(「美容電気脱毛」)と呼ばれる方法です。これはプローブという特殊な針を毛穴に突き刺し、電気を流して発毛部位を焼き切るというもの。

この方法は一時期大変流行りましたが、なにしろ針を使うわけですからかなりの痛みを我慢しなければなりません。
発毛を阻害するという点では抜群なのですが、時間がかかるということもあって今はあまり使われていません。

代わってポピュラーになったのが、レーザー系の光を使用する方法。皮膚の奥で熱エネルギーに変わった光が毛根部位に損傷を与え、毛が伸びるのを防ぎます。

サロンでは、IPL(インテンスパルスライト)という光を使った「フラッシュ脱毛」と呼ばれる方法が主流です。
このIPLは黒いメラニン色素を含む毛乳頭、毛母細胞、皮脂腺開口部にダメージを与えます。

IPLは照射パワーが抑えられているため、施術が終了するまで相当な日数がかかります。ただ、その分費用も安く、痛みも軽くてすむ、という長所があります。

一方、大抵の医療クリニックではレーザー脱毛で施術をおこなっています。ダイオード、アレキサンドラライト、YAGといった波長の異なるレーザー光を使いますが、それぞれの照射パワーはものすごく、毛根を徹底的に破壊することができます。

痛みが激しいのが玉にキズですが、短い日数で脱毛を終わらせたいならこちらの方がおすすめです。

サロンとクリニックにはどんな違いが?

同じように脱毛をおこなうといっても、サロンとクリニックにはどんな差があるのでしょうか?

箇条書きにしてみると——

脱毛サロン

・「フラッシュ脱毛」による施術
・抑毛、減毛の効果をあげる
・施術料金は安め

医療クリニック

・「レーザー脱毛」による施術
・永久脱毛が可能
・施術料金は高め

となります。

さらに、

・パーツによってはクリニックの施術料金の方が安いことがある
・クリニックでの施術は医師が担当する

といったところも参考になるでしょう。

こうして考えると、「料金は高いが、永久脱毛のできるクリニックに通いたい」という人が多いかもしれません。

ただ、脱毛専門のクリニックというのは大都市圏以外は数が少なく、もし近所に見つからない場合はサロンを選ぶほかありません。

でもサロンの中には、脱毛が完了しても施術を継続できるプランを用意しているところもあります。
それなら永久脱毛と同様、いつもツルツルにできます。

また薄毛の場合もサロンで十分脱毛できるので、わざわざクリニックで施術する必要はありません。

どちらにするかは、自分の都合に合わせて決めて下さい。

脱毛完了までの回数と期間はどれくらいか?

腕脱毛が終わるまでの施術回数と期間に関して、目安は以下のようになっています——

脱毛サロンの場合

照射回数……12回以上
期間……2年以上

医療クリニックの場合

照射回数……5回
期間……約1年

どうでしょう? 
「思ったよりも回数が多く、期間も長い」と感じる人が多いかも知れません。

ただ、腕のムダ毛というのは、ワキやVIOにある毛に比べると元々細いものです。

したがって上記のような目安はあるにせよ、「レーザー光を1回照射してもらったら、もう生えなくなった」という女性もいるようです。

さらに太い毛の人でも「4回ほど施術した後は、産毛くらいしか生えなくなった」という方もいます。

照射パワーが弱めのフラッシュ脱毛ですら早く効果が発揮できますから、自己処理の回数を減らしたり、夏に腕まくりしても毛が目立たないという程度なら、上記の回数よりもずっと早期に終了できるようです。

施術中の痛みはどれくらい?

サロンやクリニックで実際に施術を受ける前、どうしても不安を感じるのが照射時の痛みでしょう。

さすがに以前ポピュラーだったニードル脱毛ほどの痛みはありませんが、完全に痛みがない、というわけにはいきません。
ネットで色々と口コミをチェックしてみると、まずサロンの方は——

「VIOやワキなどの剛毛の多い部位と比べると、照射時もそれほど痛みは感じません。ちょっとチクチクする程度です」

「照射してもらう時はちょっとチクッという感覚がありますが、すごく痛いというわけではありません。それも、施術に通ううちに軽くなってきました」

というような感想がありました(特にヒジに関しては「結構チクチクする」という人が多いようです)。

ただ、サロンで脱毛した人のほとんどが「何回も施術してもらううち、チクチクを感じなくなった」と言っています。回数が10回越えともなると「カユミ程度になった」という人もいました。

一方、医療クリニックは——

「痛みは予想を超えていました。特に毛が濃いヒジ下はかなり痛みが強く、思わずしかめっ面になってしまったほどです」

といった口コミが結構あります。

痛みはどれほどなのか、というと「ぱちんと輪ゴムで弾かれたような」と表現する人から、「突然ムチで叩かれたようで、かなりの衝撃だった」という人まで色々です。痛みの程度は使用される機械や毛の質によっても変わってきます。

いずれにせよ、クリニックの施術では痛みを覚悟しなければなりません。
もし「絶対に痛みはイヤだ」という人は、サロンで施術してもらうか、あるいは麻酔が使えるクリニックを探すべきです。

ツルツル状態を維持したいなら「通い放題」を選ぼう

脱毛完了までの施術回数については、上で述べたようにクリニックで平均5回、サロンで最低12回が目安です。

「脱毛完了で施術と無縁になる」と思いがちですが、実は終了後、一生ムダ毛が伸びなくなるわけではありません。

まずサロンでの脱毛の場合、フラッシュ脱毛では毛根組織は弱体化されるだけです。
そのため何年か経つと、ムダ毛がほぼ再生することになります。

では、「永久脱毛」であるクリニックのレーザー脱毛は大丈夫かと言うと、これも「毛の再生率が20%以下」というだけで、一生施術効果が続く、とは保証されていません。

つまり、せっかく施術してもらったのに、それが無意味になる場合もあるわけです。

そんな悲しい事態を避けるためには、脱毛完了後もアフターケアしてくれるプラン、つまり「通い放題」を選ぶべきです。

「通い放題」ならサロンやクリニックがつぶれない限り、ずっと脱毛することが可能です。

サロンとクリニックのどこがオススメ?

腕脱毛を得意とするサロンとクリニックを、それぞれ3つあげてみます。

まずはサロンから——

銀座カラー

「施術がスピーディ」「予約が入れやすい」「脱毛効果がすぐに分かる」など、ネットでも高評価の口コミが寄せられている銀座カラー。

腕脱毛希望者にとってありがたいのは、単独部位にも通い放題プランが設けられていること。

また「学割」「のりかえ割」「祝割(誕生日・成人・結婚)」といったディスカウントがあって、色々とお得に脱毛できます。

レイビス

レイビスは「TOKYO BDC」という名前で営業していたサロン。25年に及ぶ歴史があり、業界でも老舗のひとつです。

オススメしたいのは「腕全部セット 脱毛し放題」。
「ヒジ上」「ヒジ下」「ヒジ」「手甲指」という4部位を、名前通り無制限で施術できるプランです。

また完全月額制なので、通えば通うほどお得になるのも助かります。

ミュゼ

電車で広告を見かけることの多いミュゼ。店舗数、顧客数、売上、満足度は業界でトップです。

サービスも非常にユニーク。「公式アプリのダウンロードで料金をディスカウント」という試みをおこなっています。

これを利用すれば、48,000円のフリーセレクト美容脱毛コース(Lパーツ。ひじ上と両ひじ下をそれぞれ4回施術可能)が、なんと24,000円に!

また、イタリアのDEKA社によるSSC脱毛機を使用していて、施術の痛みもほとんどありません。

次にオススメのクリニック——

アリシアクリニック

1番のおすすめは「し放題コース」。
クリニックとしては非常に珍しい通い放題プランで、8割の顧客が利用しているそうです。

湘南美容クリニック

テレビでCMを流しているので、知名度の点では圧倒的でしょう。分院が全国各地にあるので、地方在住の人にも通いやすくなっています。

リゼクリニック

腕脱毛希望者にもってこいなのが、「腕セット」というプラン。

また脱毛完了後も通常の半額で施術できますから、毛が再び生えてきた人には助かります。

以上、腕脱毛についての情報、さらにサロンとクリニックの選び方を紹介してみました。いかがだったでしょうか?

ぜひこれらの情報を参照しながら、自分に合ったサロンやクリニックを探して下さい。脱毛によって自己処理がいらなくなり、肌のコンディションも改善されていくはずです。

顔の産毛は脱毛するのがおすすめ

顔というのは内心の動きを絶えず反映する繊細な部位です。

個性の面でも身体で最も重要なパーツであり、人を引きつける魅力を備えている点では他の四肢など比較になりません。
女性がその魅力を増すため、肌のお手入れを熱心にするのも当然のことでしょう。

ただ、お手入れの際に「邪魔だな」とつい感じてしまうものがあります。

それは額、頬、そしてフェイスラインに細かく生えている産毛——。

特に毛深い人など、鼻下にある産毛は悩みのタネ。そのままだとヒゲに見えてしまうので毛抜きやカミソリなどで自己処理するのですが、どうしても肌に負担をかけ、コンディションが悪くなりがちです。

また、産毛というのは化粧のノリを悪くします。いつも肌の手入れに気合を入れている人にとっては、とにかくイライラする存在でしょう。

こんな産毛とは永遠にサヨナラしようと、最近はサロンに通って脱毛してもらう女性も多くなっています。

昔、顔は「脱毛のしにくい部位」といわれ、サロンのキャンペーンでも値下げの対象にはなりませんでした。そのために料金が安いとはとても言えなかったのです。

ところが最近になって新しい施術方法が色々と生み出され、費用もディスカウントされるようになりました。以前より手軽に施術を受けられるようになったため、脱毛人口が急増しています。

とはいっても、これまで脱毛サロンなどとは縁のなかった女性にとって、契約して施術に通うというのは何となく不安を覚えるものです。

そこでこのページでは、顔脱毛に関する情報や、評価の高いサロンを紹介。さらに、施術に通ううちに生じがちな疑問点についても、取り上げてみることにしました。

以下の情報が、産毛の処理で悩んでいる女性の一助になれば、と思います。

現在の脱毛方法はどのようなものなのか

顔脱毛について説明していく前に、まず現在の脱毛方法とはどのようなものなのか、簡単に解説しておきます。

昔、脱毛の施術というのはかなり面倒な作業でした。特別に開発されたプローブと呼ばれる針を毛穴ひとつひとつに突き刺し、電気を流して毛根を焼き切っていたのです(これを「美容電気脱毛」または「ニードル脱毛」と呼びます)。

これは毛根に損傷を与える点では効果抜群なのですが、何しろひとつひとつの毛穴に針を刺していくわけですから、相当な痛みがともないます。おかげで、「脱毛は痛くて大変」というイメージが一般の人にも広まってしまいました。

やがてこのニードル脱毛は「時間と手間がかかりすぎる」ということもあって廃れました。
代わって現在メインになっているのが「光脱毛(フラッシュ脱毛)」。
ムダ毛の生えた肌にレーザー系の特殊な光を直接照射していきます。

一口に光といっても、様々な種類があります。そのうちサロンで最も広く使われているのが「IPL(インテンスパルスライト)」。

このライトは皮膚自体は素通りし、その奥にある毛根部分に達すると初めて光から熱に変わります。そしてその高熱によって、毛乳頭、毛母細胞などの発毛を促す組織に大きなダメージを与えるのです。

もともとIPLは、美肌ケアのためにエステで使われていました。ところが顧客の間で「毛が生えなくなった」という声が上がり、そのことで脱毛用にも流用されるようになったのです。したがってシミなどにも治癒効果があり、施術を重ねていくと肌の状態も改善されていきます。

近年ではこのIPL以外にも、SSC脱毛、SHR脱毛、ハイパースキン法といった新しい方式が開発され、施術方法もバリエーションに富んできました。

これらの方式はそれぞれ特徴を備えているので、メリット・デメリットを把握した上で自分の好きなものを選ぶといいでしょう。

脱毛の可能な顔の部位はサロンごとに違う

顔脱毛で気をつけたいポイントのひとつは、サロンごとに施術可能な部位が違う、ということ。

あるアンケートによると、施術してもらいたい顔の部位トップスリーは、眉間、鼻の下、アゴ、となっています。しかし、これらの部位についても、施術できるかどうかはサロン次第です。

たとえば、有名なサロンの施術可能部位をあげてみると——

脱毛ラボ……鼻下、もみあげ、顎

ディオーネ……額、頬、鼻、鼻下、顎

ミュゼ……鼻下、顎

ジェイエステ……目元、鼻下、頬、口周り、顎、フェイスライン

といった具合で、各店によってバラバラです。

ということで、サロンの宣伝で「顔脱毛もオーケー」とうたってあったとしても、希望部位を100%脱毛してもらえるかどうかは分かりません。

せっかくサロンに直接行ったのに「そこは施術できません」などと言われると腹が立ちますので、脱毛できる部位についてはサイトなどでチェックしておきましょう。

顔脱毛の平均料金ってどれくらい?

初心者が顔脱毛をやりたいと思った時、まず頭をよぎるのは、

「料金はどれくらいかかるのか?」

ということでしょう。

20社に及ぶ有名サロンのデータによって顔脱毛の平均料金を算出してみると、「41,033円」という金額になりました。

これを「高い」と感じるのか「安い」と感じるのかは、その人の脱毛への熱意次第でしょう。

ちなみに顔脱毛をしてもらおうと思ったら、サロンだけではなく、専門の医療クリニックも選択肢のひとつとなります。

こちらもデータがあったのでその平均を計算してみたところ「131,325円」という額になりました。

つまり医療クリニックで施術すると、サロンに比べて3倍以上費用がかかるわけです。

「ちょっと高すぎる」と思われる人もいるかもしれませんが、クリニックでは「永久脱毛」というメリットがあり、これだけの費用にふさわしい施術を受けられます。

サロンにするかクリニックにするか——。料金と結果を考えて、自分の都合に合ったところで脱毛して下さい。

初心者なら「お試しコース」

サロンのプランの中で初心者にもってこいなのは「お試しコース」です。

そのサロンの脱毛技術、サービス、接客態度などが安価に分かり、正規プランを契約する際の参考になります。

なお申し込みは、店に電話するより、特典のあるネットからにしましょう。希望するサロンのサイトへ行き、料金などをしっかりと確認した上で手続きします。

手続き後はサロンに足を運ぶことになりますが、まず最初にカウンセリングを受けます。

内容は、希望部位や病歴等の聞き取り、プランに関する説明、そしてアンケートなど。ちょうどいい機会なので、

「脱毛完了まで何ヶ月?」
「導入されている脱毛器の種類は?」
「永久脱毛は可能?」

など、色々質問してみましょう。

初日はカウンセリングのみで終わり、施術の方は後日受けることになります。

施術時には——

・スタッフのサービスは?
・施術には痛みがともなう?
・術後の保湿には気をつけているか?

などをしっかり確認しましょう。

これで気に入ったら、そのまま契約ということになりますし、不満があれば契約はせず、他の店を再びチェックすることになります。

最近はちょっとした脱毛ブーム。サロンも多くなっていますから、自分に最適な店にきっと出会えるはずです。

評価の高い「キレイモ」と「ジェイエステティック」

顔脱毛で人気のある2つのサロンを紹介します。

まずは「キレイモ」。渡辺直美、板野友美、ぺこ&りゅうちぇるなどを起用したテレビCMで有名です。

ここの顔脱毛は他店よりも施術可能部位が多くなっているのが特徴。他店が不満で、わざわざキレイモで脱毛し直した人もいるようです。

続いて推薦するのは、「ジェイエステティック」。

ここでの人気プランが「フェイス6」。料金が1回わずか2,500円ですから、人気となるのも当然でしょう。「お手軽な料金で顔脱毛がしたい」という人にはピッタリ。

「サロンが多すぎて、どこに行けばいいのか分からない……」という方は、ぜひこの2店をチェックしてみて下さい。

以上、顔脱毛に関して基本となる情報をお届けしました。

これ以降は、施術についての色々な疑問点や、注意すべきポイントについて説明していきましょう。

歯の治療中、施術はできるのか?

毛が再生しないようにするためには、意外に手間と日数がかかります。施術が数ヶ月に達することは当たり前なので、その期間中に歯医者に行く人もいるかもしれません。

両方とも予約制ですが、脱毛と歯の治療を同じ週に行なうこともあるでしょう。何か問題はないのでしょうか。

サロンによると、「普通の歯の治療ならオーケー」とのこと。

ただ、注意が必要なのは、歯医者で処方される痛み止めについてです。

実は痛み止めの一部には、「光線過敏症(光過敏症)」を誘引する成分が配合されています。これは光の照射で肌に過剰反応が生じるもので、施術するならその摂取を控えなければなりません。

かゆみ、むくみ、水ぶくれといった症状が出ると厄介なので、痛み止めを飲んだ場合は必ずスタッフに告げるようにして下さい。

ちなみに虫歯についても、光によって痛みが激しくなることがあります。そんな事態を避けるためにも、口付近の施術は避けた方がいいでしょう。

また、歯列矯正の器具も、光の照射で熱が発生することがあります。
火傷になりかねないので、この場合も口周辺の施術は後回しにしましょう。

ただ、プラスチックやセラミック製なら問題ありません。

このように施術の条件は入り組んでいるので、必ずスタッフと相談しながら脱毛して下さい。

ニキビがあると施術は無理?

脱毛では特殊な光を使うため、ごくまれに体調に変調をきたす人もいます。それを避けるため、施術についてはサロンの方で色々な条件を設けています。

たとえば肌が乾きすぎていると施術できませんし、意外なことにムダ毛が剃られていない場合も施術は不可になります。

では顔にニキビができているとどうでしょうか?

サロンに質問すると、ほとんどの店で「施術はオーケー」でした。

というのも施術で用いられるIPLという光は、毛乳頭や毛母細胞といった発毛組織に損傷を与えるだけで、ニキビには害を及ぼしません。施術しても問題はないのです。

ただ炎症がひどい場合、話が違ってきます。照射で炎症が進むこともあるので、施術するかどうかはスタッフに判断を委ねましょう。

施術によってシミやそばかすができる?

現在、よく行われている脱毛方法は、メラニン色素に反応するIPLやレーザーといった光を肌に当てるというもの。

「そんな特殊な光が当たったら、肌に黒ずみやシミができるのでは?」と不安を覚える人もいるかもしれません。

確かに太陽の光での日焼けは、そばかすやシミの原因となります。施術でのライトも光度が大きいため、つい紫外線と同じ様に肌に悪いのでは、と思い込みがちです。

しかし、IPLというのはエステなどで肌のケアにずっと使われてきた歴史があります。肌に対して害を及ぼすものではありません。

「でもネットでは『脱毛したために、シミや黒ずみができた』という口コミを見かけるけど?」と反論する人がいるかもしれません。

それに関しては、理由が2つ考えられます。

まず、ターンオーバーが進行することで、肌の深層に隠れていたシミが表面に出てきた、というもの。

施術によって新陳代謝が促され、シミ予備軍が肌表面に出てくるのはよくあることです。

ただ、それらはターンオーバーが進むとほとんどが消えてしまいます。

あと施術によって乾いた肌にうっかり傷がついて痕になる場合。これをシミだと誤解することがあります。

ともかく、脱毛が直接の原因となってシミや傷ができることはありえません。
施術しても安心です。

サロンに出かける時、メイクはどうすれば?

顔脱毛を始める際、女性が不安を覚えることのひとつは、

「サロンまで化粧なしで行かないといけないの?」

ということ——。

素顔でも肌のきれいな10代の女の子なら、もちろん問題はありません。しかし、毎日メイクをバッチリ決めている大人の女性にとって、化粧なしで外出するというのは結構抵抗のあることです。

結論を先に言ってしまうと、化粧して行っても大丈夫です。

サロンには専用ブースが設けてあり、施術前にメイクをオフできます。
しかも店の中には、スタッフが無料で化粧を落としてくれるところもあります。

ただそうはいっても、あまりに濃いメイクをしていくと、それを落とすだけで時間が取られます。

やはり化粧は抑え気味にし、時間を節約するようにしましょう。

以上、顔脱毛の情報などについて様々な面から紹介してみました。いかがだったでしょうか?

ぜひ上記の情報を参考に、サロンと契約して下さい。
施術を続けるうちに、肌のコンディションも以前より良くなっていくはずです。

ワキ脱毛をして清潔に

ワキの状態を良くするためにも脱毛がオススメ

夏は休みも多く、様々な点で積極的になる季節です。
猛暑が続いていることもあって、肌を露出する機会も多いでしょう。

ただ、そのときに気にかかってしまうのがワキに生えているムダ毛……。

特にノースリーブを着る時など、ムダ毛の処理をしっかりしておかないと、うっかり他人に見られてしまいます。

それは分かってはいるのですが、なにしろムダ毛処理というのは面倒くさいものです。おまけに自己処理ばかりしていると、カミソリなどの刺激で色素沈着が起こることも——。

「いっそのこと脱毛して、自己処理とはサヨナラしよう」

そう考えている女性もいるかもしれません。

ただ未経験者にとって脱毛というのは詳細が分からないものです。どうしてもサロンに行くのが億劫になるでしょう。

「完了するまでどれくらいの期間通うの?」
「施術って何回する?」
「痛みがあるって聞いたけど」
「最終的に料金はいくらくらいかかる?」

これらの疑問がネックになり、結局は脱毛へ踏み出せずに自己処理ばかりしている、という人も少なくありません。

そこでこのページでは、ワキ脱毛の効果、費用、そしてサロンの良し悪しなどについて紹介し、そんな女性の悩みを解決してみることにしました。

以下の知識が、ワキ毛処理で悩んでいる女性の一助になれば、と思います。

「脱毛」とはどんなもの?

ワキ脱毛の紹介の前に、そもそも脱毛とはどういうものか、簡単に説明しましょう。

勘違いしている人もいますが、脱毛サロンで施術のターゲットとなるのは、肌の表面に出ているムダ毛そのものではありません。

ではどこが施術の対象なのか、というと、皮膚の奥に隠れている毛根部分なのです。

毛根をターゲットにするといっても、別に手作業で一本一本処置するわけではありません。昔はそんな電気バリを使う方法で施術していましたが、現在では新しい技術が開発され、光を照射するだけで毛根にアプローチできるようになっています。

その際に使用されるIPLやレーザーといった特殊な光は、毛根に含まれる黒いメラニン色素だけに反応するという特質を備えています。毛の生えた肌に照射すると毛根部分が高熱に包まれ、毛母細胞や毛乳頭など、発毛を司る組織に損傷を及ぼします。

この方法は脱毛の歴史の上で画期的なものでした。おかげで施術は手軽で安価なものとなり、光脱毛機器を用いたサロンが次々と開店しました。

近年は脱毛人口も爆発的に増え、VIOなどの特別な部位まで施術してもらう人が多くなっています。

その中でも、ワキは常にポピュラーな部位。ほとんどの初心者がまずワキを施術してもらうと言われています。

やはり最初に書いたように夏は肌の露出が多いので、「脱毛するなら最初はワキから」と考えている人が多いのでしょう。

また、ワキというのは汗腺が集中しているため、汚れや老廃物が他の部位よりも蓄積しやすく、毛のう炎や埋没毛(埋もれ毛)などの肌トラブルも起こりやすくなっています。

ワキのコンディションをキープするためにも、トラブルのつきまとう自己処理は止め、早く脱毛してもらうことをおすすめします。

気になる施術回数・料金・痛みについて

上記の説明で、ワキ脱毛について理解できたことと思います。

メリットを知って「すぐにサロンに行って施術を受けたくなった」という人もいるかもしれません。

ただ実際にサロンと契約するとなると、以下の3つのポイントが気になると思います——

・脱毛完了までに何回施術してもらうのか?
・料金は最終的にいくらかかる?
・施術時に痛みはあるのか? あるとしたらどれ程度か?

ではこれらの3つの点について、順番に説明していきましょう。

最初に施術回数について。

実は毛というのは再生力が強く、完全に生えないようにするには意外なくらい日数がかかります。

特にワキは太い毛が集まって生えているために処理が厄介な部位。
おまけに他の部位よりも毛根が深いところにあるため、どうしても施術回数が増えてしまいます。

各サロンや個人の体質によって違いはあるのですが、平均すると、完了まで12回から18回、といったところでしょう。

続いて料金について。

これはサロンによって大きな差があるようです。ただ、ワキ脱毛は初心者向けのプランが豊富で、他の部位よりリーズナブルなのが特徴。

その中でも特にオススメしたい店があって、それはミュゼというチェーンサロンです。

というのも、最も人気のある「両ワキ+Vライン美容脱毛完了コース」を選べば、たった100円で脱毛が可能だからです。

これだけ低料金で脱毛してくれるサロンなど、他には見当たりません。
なるべくお財布に負担がないように脱毛してみたい女性には最適といえる店です。

最後に、施術中の痛みの有無について。

上でも述べたのですが、脱毛サロンではIPLという特別な光を用いて施術を行います。

このIPLは照射すると肌を素通りし、毛根部位の黒いメラニン色素に反応。熱エネルギーに変化して毛乳頭や毛母細胞に大きな損傷を与えます。

ところがその熱があまりに高いせいで周りの皮膚も軽い火傷を負い、どうしても痛みを生じさせるのです。

もちろん、軽微なものなので我慢できないわけではないのですが、光が照射されるたびにチクリチクリと刺される感じがするのは不快なものです。

そこで、そのIPL方式のデメリットをなくすため、近年になってSSCという方式が実用化されました。

これまでIPLではキセノンランプを用いていたのですが、SSC方式ではクリプトンライトを使います。キセノンランプがそれだけで脱毛効果があるのに対し、クリプトンライトは単独では毛根にアプローチできません。

ではどうやって脱毛効果を得るのかというと、専用のジェルをムダ毛周辺に塗ります。

ここにクリプトンライトを照射すると毛根部分が弱体化し、発毛をストップできるのです。

SSC方式の最大のメリットは、光の威力は弱くても大丈夫、というところ。ジェルとのコンビネーションで脱毛するため、光による高熱は必要ありません。
これで毛穴周辺が火傷することもなく、痛みがずっと軽減されます。

実は、上で紹介したミュゼではこのSSC方式の脱毛機器を使っています。

「痛みがひどいらしいので脱毛なんてやりたくない」という女性もいますが、ミュゼなら問題なく施術してもらえます。

ワキ脱毛を成功させるために

「”料金が安い”、”痛みがほとんどない”という点でミュゼがベスト」と述べましたが、あいにく近くにその店舗がない、という方もいるでしょう。そんな場合、他のサロンを選ぶ必要があります。

ただ、現在は脱毛ブームということで、新規サロンが続々と業界に参入しています。店が増えすぎて、初心者はどこがいいのか迷ってしまうでしょう。

また、各サロンの”お得”と称されるプランについても条件がややこしく、どれを選べば本当にお得なのか判定がしずらくなっています。

そこでサロンを選ぶ際、注意すべきポイントを3つほどあげてみます。

施術可能回数が一桁のプランはかえって損

まだまだ脱毛についてキチンとした情報を知らない人が多く、たとえば1、2回の施術だけでその部位のムダ毛は一生生えてこない、と誤解している方がいるようです。

もちろんこんなことはありません。
施術を1、2回した程度では、ムダ毛を根絶やしにすることなど不可能です。
確かに施術後10日から1ヶ月くらいでその部位はきれいにツルツルになりますが、時間が経過すれば毛が復活してしまいます。

ムダ毛がまったく生えないようにするには、レーザーやIPLといった特殊な光を数ヶ月から数年、根気よく照射していかなればなりません。

しかもワキのように太い毛が集まって生えている部位では、施術回数が12回〜18回になってしまうのが普通です。

ですから、施術回数が一桁のプランをうっかり契約してしまうと、結局脱毛が完了せず、追加施術を受ける羽目になります。

そうなるとかかる料金もかさみますので、回数の少ないプランはなるべく無視し、何度でも施術ができるコースを選ぶようにして下さい。

返金制度や施術期限を契約前にチェックする

サロンと契約すると、3年間は施術に通い続けることになります。

しかし通ううちに、接客態度や脱毛効果で不満を覚えることもあります。そうなると契約を打ち切りたくなるでしょう。

中途解約ということになると、サロンの方ではイヤな顔をします。
契約をタテにして、返金はほんの少し、というところも少なくありません。

不快な経験をしないためにも、中途解約の可能性のある人は、契約の詳細をチェックしておきましょう。

またサロンによっては、施術期間に時間的なリミットを設けている場合があります。
リミットを過ぎると「料金を払ったのに施術ができない」という羽目に陥りますので、契約前にしっかり確認しておかないといけません。

以上の2点について、契約時にスタッフに訊ねることが肝心です。

施術後、ケアをしっかりやってくれるのか?

ワキは夏になると他人の視線にさらされる部位。
コンディションを整え、黒ずみなどのトラブルもケアしておきたいものです。

そのために必要なのは、肌の潤いをしっかりとキープすること。

脱毛サロンの中にはそれを考え、施術後の保湿サービスに熱心なところもあります。

こうした気の利いたサロンなら美肌効果も期待できるので、一石二鳥です。

脱毛サロンと医療クリニックの施術はどう違う?

ワキ脱毛は、脱毛サロンと医療クリニックの両方でやってもらえます。
その施術には何か違いがあるのでしょうか?

実は脱毛の原理に関しては同じです。施術では、メラニン色素だけに反応する特殊な光(サロンではIPL、クリニックではレーザー光)を肌に当てます。そして毛母細胞、毛乳頭など、発毛を司る組織にダメージを与えるのです。

ではどこに違いがあるのかと言うと、その光の威力です。

レーザー光のパワーは、サロンのIPLの何倍にも達するとんでもないもの。「永久脱毛」もレーザーならば可能で、毛根組織はその高熱によって徹底的に破壊されます。

また、IPLの場合、脱毛完了まで10回以上の施術が不可欠ですが、レーザー脱毛では数回で完了してしまいます。

もし「なるべく短期間で脱毛を終えたい」と考えているなら、サロンよりも医療クリニックに行くほうがいいでしょう。

ワキ脱毛はなぜリーズナブルなのか?

ワキ脱毛は費用が安めです。
ワキを最初に脱毛してもらう女性が多いのは、他の部位より格安だ、ということも理由の一つ。

では、なぜワキ脱毛は安いのでしょう?

最初に考えられるのは「元々ワキの面積が狭い」ということ。

実は料金というのは面積で決められることが多く、その点でワキは安価なバーツというわけです。

次に考えられるのは、サロンの”戦略”。

初心者はワキ脱毛を最初に行うことが多いため、「その料金を抑えて、脱毛へのハードルを低くする」とサロンが考えているのです。

ワキは料金が手軽な上に、脱毛技術もすぐ分かります。その点でも、最初の施術部位はワキにしておくべきです。

脱毛完了後、効果がイマイチな場合は?

施術を続け、ワキ脱毛が終わったものの、その効果がイマイチ——。

そんな時、施術を追加できますが、その料金は馬鹿になりません。

それがイヤなら他のサロンに乗り換えるのもいいでしょう。ただ、カウンセリングから始めるので、時間がムダになります。

こんな事態を避けるには、施術期間と回数を多めにみておくこと。できるなら施術回数が無制限の店を選ぶべきです。

「脱毛をしてしまうとワキ汗の量が増える」って噂は本当?

最後に、脱毛した後の”ある噂”について、ひとつ述べておきます。

実は「ワキ脱毛」をネットでグーグル検索してみると「脱毛してからワキ汗がひどくなった」という口コミがいくつかヒットします。

そんな現象が、本当にありうるのでしょうか?

結論を先に言いましょう。——これは真っ赤なウソです。

ただ、「ワキ汗の量が増えてしまった」と思い込んでいる人は確かにいて、そんな人たちが口コミを投稿しているのだと思います。

ネットで調べてみると、

「いままでワキ毛でせき止められていた汗が脱毛後に肌を流れるようになり、汗の量が増えたと錯覚する」

というのが真相のようです。

つまり単なる感覚の問題にすぎません。汗の量は脱毛前と変わらないのです。

時間が経てば汗が流れていく感覚も当たり前になり、違和感がなくなるでしょう。

いかがだったでしょうか? ワキ脱毛の情報やサロンの選び方について、色々なポイントから紹介してみました。

ぜひこれらの知識を活かして、お気に入りのサロンを見つけて下さい。

脱毛を終えればワキへの視線も意識しなくなり、肌のコンデションもきっと良くなっていくはずです。

脱毛の前日にヘアカラーを使うのはダメ?

ヘアカラーを使う

脱毛の前日にヘアカラーを使うのはダメ?

脱毛の前日に禁止されていることは、毛抜き・ワックスでの自己処理、日焼け、薬の服用などいくつかあります。

では、ヘアカラーはどうなのでしょうか?

結論を先にいうと、答えは「ノー」。

ヘアカラーというのは髪に定着するのに1週間はかかるといわれています。特にカラーリングした当日は染料が落ちやすく、肌の一部に知らないうちに付着していることも考えられます。

この状態で脱毛の施術を受けるとどうなるのか——。

サロンにしろクリニックにしろ、施術の際はムダ毛のある肌に直接IPLやレーザーを当てます。これらの光はメラニン色素に反応する特殊な性質をもっていて、そのことにより毛根だけが高熱に包まれます。肌自体は大丈夫なのですが、毛根に接した毛穴には熱が伝わるため、どうしても軽いやけどの症状になります。

やけどの症状になると肌に蓄積されていた水分がどんどん失われ、もともと備わっていたバリア機能が低下します。そうなると、わずかの刺激によって肌はダメージを受けてしまいます。

ほとんどのカラーリング剤には「PPD」という成分が含まれています。この成分は染毛効果は高いのですが、肌への刺激も強いのが難点です。

上記のように施術直後は肌が弱体化しているため、ただでさえ赤みやかゆみが生じがちです。そんな状態の時にヘアカラーのPPDに触れてしまうと、赤みやかゆみは悪化。
下手をするとアレルギー反応を起こして呼吸困難にいたる可能性があります。

また、PPDの他にも、「2,5-ジアミノトルエン」や「メタアミノフェノール」といった染料成分がアレルギー物質といわれています。

理由に納得がいきましたか?

重篤な症状にならないためにも、施術の前日、あるいはその後しばらくはヘアカラーを使わないようにして下さい。

藤沢の人気脱毛サロンランキングTOPへ

脱毛は平均何回

脱毛の効果を実感

何回施術を受ければ脱毛の効果を実感できるの?

あなたがもしプロによる脱毛に関心があるなら「2〜3回施術を受けても効果がない」ということは知っていると思います。

では一体、何回サロンに通えば効果が実感できるのでしょうか?

多くのサロンでは契約の際、6回を1セットとする場合が多いようです。

しかし正直いって、6回だけでは(一部の部位を除き)しっかりした効果など期待できません。

回数ごとの毛の状態をまとめると以下のようになります——

・6回(1年から1年半)……毛は薄くなるが、自己処理は必要。
・12回(2年から3年)……自己処理の必要はなくなるが、細い毛が少しだけ生える。
・18回(3年から6年)……産毛が残る程度で、ほとんどツルツルの無毛になる。

以上は平均の結果ですが、実は部位ごとに効果を実感できる回数は異なります。それを以下にまとめてみました——

・ワキ……18回

ワキの場合、数本生えているだけでも目立ってしまいますから、どうしてもツルツルにしなければなりません。ですから、最低18回は必要でしょう。毛が太い人は18回でも足りない可能性もあります。

・腕と脚……12回

腕と脚は、上記のように12回施術を行えば十分。確かに細い毛が生えることもありますが、面積が広いためにほとんど目立ちません。自己処理もしやすいので、18回も契約する必要はないでしょう。

・VIO……6回から18回

VIOはそれぞれ回数が異なります。

Vラインは水着の時に残っていると目立ってしまうので、18回かけて完璧にツルツルにする方が無難です。

Iラインに関しては、12回で十分。薄い毛が多少残っても、そこまで気にはならないでしょう。

そしてOラインですが、元々毛が少ないため、6回だけでも効果があります。

部位の回数については以上です。契約時の参考にしてください。

藤沢の人気脱毛サロンランキングTOPへ

脱毛の費用

脱毛費用を比較してみた

各サロンの脱毛費用を比較してみた

現在、脱毛サロンはその数が急増し、顧客獲得の争いが激化しています。
各店ともに様々なプランを用意しているのですが、それぞれの公式サイトだけを見ていたのではそのメリット・デメリットは判断しづらくなっています。

そこで各サロンの全身脱毛コースについて、見やすいように一覧にしてみました——

キレイモ

コース名……全身脱毛月額定額プラン・パックプラン
1回あたりの費用……20,520円
脱毛範囲……全身(顔7ヶ所とVIOを含む)
完了までの期間……3年

銀座カラー

コース名……新・全身脱毛コース(スピード脱毛)
1回あたりの費用……17,700円
脱毛範囲……全身(VIOを含む)
完了までの期間……2年2ヶ月

ミュゼ

コース名……全身脱毛コース
1回あたりの費用……34,020円
脱毛範囲……全身(VIOを含む)
完了までの期間……3年

シースリー

コース名……プレミアム全身脱毛
1回あたりの費用……23,334円
脱毛範囲……全身(顔とVIOを含む)
完了までの期間……4年半

コロリー

コース名……全身34部位美容脱毛
1回あたりの費用……7,695円
脱毛範囲……ワキ、ひじ上下、ひざ上下、ひざ小僧、足の甲・指、手の甲・指
完了までの期間……5ヶ月

以上見てくると、値段と完了までの期間という点でおすすめしたいのはコロリー。特に完了までの日数では群を抜いています。

ただ、これは脱毛範囲が限られているためで、その意味では施術が徹底している銀座カラーの方がリーズナブルといえます。

また、予約の取りやすさではキレイモの方がいい、という情報もあるため、完了までの期間に関しては、結果的に銀座カラーが負ける可能性が高いかもしれません。

いずれにせよ条件がバラバラなので、自分の都合に合ったサロンを選ぶのが1番といえます。

藤沢の人気脱毛サロンランキングTOPへ

脱毛するとニキビができる?

ニキビがある女性

ニキビがあると脱毛の施術ができない?

サロンやクリニックでの脱毛処理は体調にも影響を及ぼす場合があるため、施術に関しては色々と制限があります。

例えば肌が乾燥しすぎていると施術そのものが不可という場合が多いですし、顧客がサロンに来る前日に自己処理をしても、剃り残しがあるとその部分の施術はできません。

このようにせっかく予約をとっても、条件をクリアしていないためにその日は脱毛してもらえない、というケースは多いのです。

最近は10代の女の子がサロンに通うことも珍しくありませんが、気になるのは、顔脱毛をしてもらう時、ニキビがあるとどうなのか、という点。高校生は過剰な皮脂のために肌トラブルが多く、ニキビができるのも当たり前です。ニキビがあったらそれだけで施術を断られることになるのでしょうか?

調べてみると、サロンの場合、顔、あるいは背中にニキビやニキビ跡があっても、施術をしてもらえるケースがほとんどのようです。

というのも、もともとサロンで使われているIPL脱毛機というのは、エステでシミ・くすみの軽減や、毛穴の引き締めなどに使われていたもの。ですから、肌に対して悪影響を及ぼすものではありません。

IPLに脱毛効果があるのは、メラニン色素に反応することで高い熱エネルギーが発生し、毛根の組織にダメージを与えるから。つまり、ニキビやニキビ跡くらいの色素の薄いものならIPLも強く作用せず、熱を出すということもありません。

ただあまりに炎症がひどい場合は、毛根に発生した高熱がニキビへも影響を与える可能性があります。その時はその部位を避けて光を当てることになるでしょう。

施術のためにも、ニキビは悪化させないようにして下さい。

藤沢の人気脱毛サロンランキングTOPへ

脱毛は何通えばいいの?

何回も施術する

脱毛完了までなぜ何回も施術する必要があるの?

最近はエステや医療クリニックの脱毛も一種のブームになっていますが、その施術についてはまだまだ知らない人が多いようです。

例えば、レーザーや光を1回照射すれば、その部位のムダ毛はもう脱毛できたと思い込んでいる人がいます。

実は1回の施術では脱毛は終わっていません。一旦はツルツルになっても、しばらくすると新しく毛が生えてくるのです。発毛を防ぐには、長期間かけてレーザーや光を何度か当てなければなりません。

「じゃあ短期間で何度も照射したら手っ取り早いのでは?」と思う人もいるでしょうが、そういうわけにはいきません。やはり時間をかける必要があります。

なぜ長期間に渡って施術する必要があるのでしょう?

それには発毛サイクルが関係しています。

毛は、古いものから新しいものに変わる時、「成長期」「退行期」「休止期」という3つの時期を経ています。このサイクルを「毛周期」と呼びます。

この毛周期が一巡りするには普通は2ヶ月〜5ヶ月ほどかかります(もちろん、部位や個人差によって差はあります)。

上記の3つの時期についてですが、「成長期」はその名の通り、毛が育ち、皮膚の外側に伸びてくる時期です。

続いての「退行期」は、毛の成長が止まり、毛乳頭から離れようとしている時期。

そして最後の「休止期」は、毛が毛乳頭から完全に離れてしまい、抜け落ちるのを待っている時期です。

厄介なのは、施術は成長期の毛に対してしか効果がないこと。全部の毛が同じ時期に生え変わるわけではありませんから、退行期や休止期の毛は一旦抜けたとしても成長期になると生えてきてしまいます。

完全な脱毛を行うためには全部のムダ毛が成長期にある時に照射する必要があるので、どうしても時間がかかってしまうのです。

藤沢の人気脱毛サロンランキングTOPへ