2019年 4月 の投稿一覧

自分にピッタリのメンズ脱毛サロンの選び方

「美」に対して貪欲な人は、自分の容姿についても基準が厳しいもの——。
それだけにできるだけキレイに見せようと、お肌の手入れを怠りません。

そんな人にとってひたすら厄介なのが、知らぬうちにどんどん伸びてくるムダ毛の存在です。

小まめにカミソリや毛抜で自己処理している人も多いでしょうが、これらのツールは肌に負担をかけ、黒ずみ、埋もれ毛といった厄介なトラブルにつながる危険性があります。

そこで注目を浴びているのが、サロンや医療クリニックでの脱毛。
以前はとんでもなく高かった施術料も脱毛技術の発達によって値下げされ、いまではすっかり庶民的なものになっています。

さらに脱毛人気は女性にとどまりません。「モテるためにムダ毛を処理したい」と、密かにサロン通いをする男性も増えているとか。

実際、2017年の秋、『マツコ会議』という番組で、男性の脱毛事情が取り上げられたことがあります。そこでのデータによれば、脱毛サロンにも男性客が多くなっており(男女が半々の店舗もあるとのこと)、しかも客層の中心は30代から40代の中堅サラリーマンだということです。

脱毛というのはあまり人に言うことではないために広く喧伝はされないのですが、男性の脱毛が相当な広がりを見せているのは確かでしょう。

ただ脱毛したいと思っていても、サロンというのは男性にはどうしてもハードルが高いものです。

「費用はいくら?」「脱毛完了までに何日必要?」「施術は何回?」といった疑問がネックとなり、結局、サロンへ行きたくても行かないままという男性も少なくありません。

そこでこのページを作ってみました。男性専用の脱毛サロンに注目し、そこに導入されている脱毛技術、費用、完了までの日数、痛みの程度、そしてサロン選びの注意点について紹介していきます。脱毛に挑戦したい男性の方々、どうか参考になさってください。

光脱毛とは?

光脱毛について
脱毛について「毛穴に針みたいなものを入れ、毛根を焼く」という施術方法をイメージする人がいます。

これは別に間違ってはいません。実際、二昔前の脱毛クリニックやサロンでは、毛穴に針状の電極(プローブ)を挿入し、電気を流すというやり方で、毛根にダメージを加えていました。

これは1869年に発明された「電気分解脱毛法」というもの。成功すれば半永久的に無毛の状態を維持できるために、この方法は世界的に普及し、改良されたマシンが日本にも入ってきました。そして「美容電気脱毛」あるいは「ニードル脱毛」と名づけられ、当時最もよく使用される脱毛方法となったのです(現在でも一部のクリニックで使われています)。

ただ、この脱毛方法は毛穴に1本1本細いプローブを挿入していくため、たいへん時間と手間がかかりました。

やがて、このニードル脱毛より優れた脱毛方法が米国で考案されます。それがレーザー脱毛です。

この方法は、直接毛根に触れずに脱毛する、という点で画期的でした。

やがて、この原理が「光脱毛」という脱毛方法を生み、今のサロンで広く用いられるようになります。

光脱毛にはどんなものがある?

光脱毛にはどんなものがある?
ここで光脱毛について、もう少し詳しく紹介してみましょう。

光脱毛ではその名前の通り光線が使われます。光線は肌に照射されると毛に含有される成分・メラニン色素に吸収されます。

吸収された光線は熱エネルギーへと変化。その熱によって毛根部分の発毛機能が弱体化し、毛の産生が妨害されるわけです。

この施術を長い日数をかけて何度もおこなうことで毛の本数は少なくなり、やがて部位が無毛のツルツル状態となります。

光脱毛には今のところ、以下のような種類があります——

「IPL方式」
「SSC方式」
「SHR方式」
「ハイパースキン法」

それぞれの特徴を簡略に紹介していきましょう。

最初に、IPL方式。こちらはサロンで1番ポピュラーな脱毛方法です(別名「フラッシュ脱毛」)。IPL(インテンスパルスライト)という広帯域の光線が用いられ、上記で紹介したような仕組みで毛乳頭などの発毛器官を弱体化していきます。

デメリットとしては照射時に少々痛みがあること。ただ非常に軽く、我慢できないものではありません。

続いてSSC方式。「SSC」というのは「スムース・スキン・コントロール」を意味します。

この方式の最大の特徴は、光線だけでなく専用ジェルを併用するところ。

ジェルには、「トレジャービーンズ」というカプセルが入っています。部位にジェルを塗ってクリプトンライトを射出すると、カプセルの中の有効成分が毛包に染み出していきます。

含まれる有効成分は、セイヨウシロヤナギ、イソフラボン、サリチル酸、メントールなどが入ったフィリニーブ。抑毛効果のほかに、保湿効果、炎症抑制効果を備え、施術後の肌トラブルを防ぐことができます。

毛根にダメージを与えるのはこのジェルなので、ライトは低温でも問題ありません。ですからIPLよりもさらに痛みは減ります。

次にSHR方式。これは「スーパーヘアリムーバル」の意味で、「蓄熱式」とも言われます。

上の2つの方式では毛根全体がターゲットでしたが、SHRの場合はバルジ領域という小さな部位が標的です。バルジ(bulge)は「ふくらみ」という意味ですが、名前通りちょっとふくらみのあるパーツです。
毛の底部の毛乳頭、毛球よりも皮膚の表面に近いところにあります。

このバルジ領域は毛球部に信号を送って発毛を促進させている組織。つまり、バルジ領域だけを攻撃すれば、ほかの毛根部分は無傷でも毛は生えてこないわけです。

バルジ領域は大変デリケートな部位なので、低温でも時間をかけて熱を加え続ければ、十分な損傷を与えられます。このことで痛みが極めて軽微な施術ができます。

最後にハイパースキン法。こちらは発毛因子をターゲットにするため、毛にメラニン色素が含有されていなくても大丈夫。施術で使うライトの温度は36度〜38度なので、痛みが皆無です。ただ、顔のヒゲの脱毛が不得手なため、男性向きではないかもしれません。

光脱毛と医療レーザー脱毛の比較

脱毛の比較
サロンでは上に挙げたような方式がメインですが、医療クリニックではレーザー脱毛が主に使われています。この2つについて比べてみましょう。

施術回数

光脱毛の施術回数、及び脱毛可能なムダ毛の割合は、次のようになっています——

・6回  およそ50パーセント
・12回 およそ80パーセント
・18回 およそ95パーセント

一方、医療レーザー脱毛だと、5回か6回で約95%のムダ毛を処理できます。

レーザー脱毛の原理は光脱毛と同じなのですが、射出パワーが段違いなため、回数が激減するのです。

「なぜ全部のムダ毛を一回の施術で処理できないの?」と思う人がいるでしょうが、それはIPLやレーザー光線が毛幹(肌の外に出ている部分)のムダ毛にしか反応しないためです。

毛には成長サイクルがあり(「毛周期」と呼ばれます)、ライトの照射は成長期のもの、つまり毛幹の毛にしか作用しません。他の毛は肌の下にあるので、処理する場合は成長期を待つ必要があります。
そのため、レーザーのようなパワー抜群の光線でも、施術を何回もおこなわなければなりません。

施術コスト

光脱毛の費用の平均相場は、次のようになっています——

・全身…164,700円
・顔…41,033円
・うなじ…19,000円
・ワキ…16,833円
・VIO…58,633円
・背中(上下)…71,600円
・腕(ヒジ上)…47,800円
・腕(ヒジ下)…48,600円
・足(ヒザ上)…56,300円
・足(ヒザ下)…55,100円

一方、レーザー脱毛の平均相場は以下の通りです——

・全身…401,945円
・顔…131,325円
・うなじ…57,250円
・ワキ…14,825円
・VIO…67,975円
・背中(上下)…91,917円
・腕(ヒジ上)…83,375円
・腕(ヒジ下)…82,500円
・足(ヒザ上)…108,750円
・足(ヒザ下)…100,500円

このように料金を比較すると、サロンの光脱毛の方がかなり安くなっています。

痛み

光脱毛は、光の照射時の痛みが大変軽微です。

IPL方式だと多少は痛みを覚えますが、ほかのSSC方式、SHR方式、ハイパースキン法などになると、施術時にほとんど痛みは感じられません。

もちろん、それだけ照射パワーは抑制されていて、「毛が薄くなってきた」と実感できるまでの施術期間は長くなります。

一方、医療レーザーはパワーが恐ろしく強いため、施術時は急に針で突かれたような激しい痛みがあります。ただ脱毛効果は抜群なので、この痛みは仕方ないとも言えます(痛みに弱い人には、別料金で笑気麻酔をかけてくれるクリニックもあります)。

ただ、その痛みは瞬間的なもので、重いヤケドのようにずっと痛みが続くわけではありません。また毛が徐々に減っていくと、それにつれて痛みは軽くなっていくので、その点は安心です。

様々なケア

光脱毛の場合、ムダ毛処理にプラスして美肌ケアもおこなってくれる店が多く、施術時に使われる専用ジェルに優れた保湿成分が入っていたり、脱毛後の肌の冷却に十分な時間をかけたりしています。

一方、レーザー脱毛だとクリニックということで際立った顧客サービスはなく、冷却も省略するところがあります。

心地よいサービスが得たいなら、サロンを選ぶべきでしょう。

光脱毛&サロンのメリット・デメリット

メリット・デメリット

メリット

・クリニックよりもはるかに料金が安い
・どの方式でも痛みが軽く、特にハイパースキン法なら全くの無痛ですむ
・気の利いた顧客サービスが受けられる
・店内がたいへんキレイで快適

デメリット

・レーザー脱毛と比較すると施術完了に日数が必要
・産毛や薄い色の毛は、メラニンの含有量が少ないために脱毛しにくい

サロン選びの注意点は?

メンズ脱毛サロンを選ぶ際のポイントをいくつかあげてみます——

顧客が男性だけなのかチェック

メンズ脱毛サロンというと、「やってくる客は男性だけ」と考えがちですが、実際は男性がメイン、というだけで、女性でも施術を受けられるところもあります。

普通の大手サロンでなく、わざわざメンズ専門店を選んだ男性の中には、脱毛しにきたところを女性に見られたくないという人も多いでしょう。

それなのに、サロン内に女性がいる、というのはイヤなものです。

客が本当に男性に限られているのかどうか、あらかじめ店に訊いておきましょう。

男性の脱毛士を指名できる?

顧客は男性オンリー、というメンズ脱毛サロンでも、施術を担当するのが男性スタッフとは限りません。中には女性脱毛士が機器を操作するところもあります。

「女性スタッフはイヤだ」という男性も多いと思いますので、男性の脱毛士を指名できるか、あらかじめチェックしておくべきです。

ネットで施術技術を調べる

これは別にメンズ脱毛サロンだけのことではありませんが、サロンを選ぶときはネットの口コミサイトをのぞいてみるべきです。

男性と女性の脱毛では、決定的に異なる点があります。それは、施術の困難さです。

男性は男性ホルモンの分泌が多いせいでどうしても毛が濃くなり、女性と同じ施術では脱毛効果が中々実感できません。

そのためライトの出力を高めなければならないのですが、これは経験豊富な脱毛士でないと加減が難しいとされています。

つまり、スタッフの力量によって、脱毛効果の差が大きく出るわけです。

ただ、サロン側は脱毛士がどれほど経験を積んでいるのかを明かしてはくれませんし、公式サイトやカウンセリングだけでは、どの人がベテランなのかは分かりません。

こんな時に口コミサイトなら、実際に施術を経験した客が意見を述べているので参考になります。

スタッフの態度について

サロンの場合、全身脱毛のコースを選ぶと2年ほど施術に通う必要があります。

それだけ回数も多くなりますが、もし脱毛士の態度が悪いと、快適な施術を受けることはできません。

どれだけ費用が安価でも、サービスがよくないと中途解約したくなるでしょう。

解約などという厄介な事態を避けるためにも、スタッフの態度に関して口コミをチェックしておきましょう。

以上、脱毛にチャレンジしたいという男性のために、メンズ脱毛サロンを特集してみました。いかがだったでしょうか?

現在、脱毛サロンは数が多くなり、その生存競争も激化しています。ディスカウントサービスもよくおこなわれているので、サロンのサイトなどをマメに確認するようにしましょう。

医療脱毛クリニック選びで失敗しないために

今でこそ脱毛はありふれた美容術として一般化しましたが、20年ほど前は、とても現在のような隆盛は想像できませんでした。マスコミでも「勧誘がしつこくて悪質」「施術がまるで拷問」「肌の状態がかえって悪化した」などと悪評ばかりが取り上げられ、世間的なイメージはお世辞にも良いとは言えなかったのです。

ところが今や中学生でも施術に通う時代。時代の移り変わりを感じざるを得ません。

ますます脱毛希望者は増加していますが、施術を受ける場所は2つに限定されます。脱毛サロン、そして医療クリニックです。

かつてはコマーシャルなどの影響でサロンを選ぶ人が圧倒的に多かったのですが、最近では医療クリニックの良さも認識されつつあり、どちらにしようか迷う人も少なくないようです。

そこで、このサイトで医療脱毛クリニックの情報を扱うことにしました。
そのメリット・デメリット、脱毛方法の特徴、そしてクリニックを選ぶ時のポイントなど、役立つ知識を色々と紹介していきます。

クリニックの脱毛の特徴について

脱毛の特徴について
脱毛士と呼べる専門家が施術をおこなっているのは、今のところサロンと医療クリニックだけしかありません。もしクリニックに通うなら、その特徴を分かっておいた方がいいでしょう。

1)レーザー技術を用いた脱毛

特殊な光線を照射して施術する点では、サロンもクリニックも変わりません。しかし、クリニックの場合、レーザー光線を使用するところが最大の特徴です。

レーザーでムダ毛の処理ができることに気づいたのは、ハーバード大学ウェルマン皮膚研究所のロックス・アンダーソンとJ・A・パリッシュです。2人が1983年に雑誌「サイエンス」に発表した「選択的光熱凝固理論」は、古代から続くといわれる脱毛の歴史でも画期的なものでした。

それまで脱毛の主流になっていたのは、針状の電極(プローブ)を用いる「美容電気脱毛」(別名「ニードル脱毛」)でした。これは「電気分解脱毛法」と呼ばれ、アメリカの眼科医チャールズ・E・ミッチェルが1875年に考案したもの。プローブを通して毛包に直流電流を流し、発毛をつかさどる組織を凝固化します。

その後、ポール・N・クリーという人物がさらにこの方法を改良しますが、なにしろ毛穴のひとつひとつに電極を挿入していくために手間と時間がかかり、それだけ施術コストも高くなってしまいます(例えば、両脇の脱毛だけでも20万円必要でした)。しかもプローブに電流を流すと毛穴に強烈な痛みが走るため、顧客も相当な我慢を強いられます。

この状況をあっという間に変えたのが、レーザー脱毛の出現でした。

レーザー脱毛は、ビームスポットから肌に向けてレーザー光線を発射し、毛髪に3%含まれるメラニン色素にアプローチする、という方法をとります。普通の光と違ってレーザーは単一の波長を備え、極めて強度が高いのが特性。
光が拡散せず、発射された方向に一直線に進みます。また狭い範囲に集光することができるため、その破壊力は凄まじいものです。

そしてもうひとつ重要な特徴は、波長に応じて特定の色だけに作用する、という点。つまり、赤、青、黒などの色を持つモノにレーザーを照射すると、それだけで甚大なダメージを与えられる、ということです。

脱毛においては、黒色にのみ反応するように媒質・光学素子によって波長を700nm〜1000nmにアレンジしています。
周辺の組織には影響を与えないため、肌への直接の射出ができます。
メラニン色素に反応したレーザーは65度〜70度くらいの高熱を生み出します。

この高熱が毛を成長させる毛母細胞、毛乳頭といった器官を破壊し、ムダ毛が生えないようにするわけです。

施術そのものは、波長を合わせて、レーザーを発射するだけ。射出口のビームスポットの直径は数mmしかありませんが、1回の照射は100分の1秒ほどで終わるため、素早い処理が可能です。美容電気脱毛のような厄介な手作業はいりません。

マシンの開発当時は、ルビーを媒質に用いたレーザー光線だけが使われていたのですが、これは白人向けで有色人種の肌には照射できませんでした。しかしその後、黄色人種向けのアレキサンドライトが登場。
現在はさらにYAG、ダイオードなど、多種の媒質を使用したレーザーがそろっていて、毛の質やパーツに応じて使い分けることが可能となりました。

2)いわゆる「永久脱毛」がおこなえる

脱毛に関してはまだまだその詳細を知らない人が多く、「1度マシンで脱毛すれば、その部位は死ぬまでツルツルだ」と誤解している方までいます。

しかし1回の照射では損傷などたかが知れています。また発毛を促す毛球部分は丈夫で、多少のダメージを受けても機能は保持されたままです。

さらに毛周期という成長サイクルにあわせて何度も施術をしないと、ムダ毛は完璧には手入れできません。2ヶ月に1度くらいの割合で施術するうちに毛が減少し、ようやく脱毛が終わるのです。施術期間は数年に及ぶこともあります。

ちなみにサロンでも毛根にダメージを与える光線を用いますが、その出力が抑制されているために、発毛は一時的にストップしているだけです。
施術から数年後には、ムダ毛は再び伸びてしまいます。

その点、医療クリニックではパワー抜群のレーザー光線を用いるため、毛根が再生しない可能性が高くなっています。つまり、いわゆる「永久脱毛」がおこなえるわけです。

3)医師だけがマシンを操作できる

上の項目でも少し書きましたが、サロンの脱毛方法はクリニックとよく似ているとは言え、マシンから発射される光の種類が異なるためにレーザー脱毛とは呼べません。また威力の点でサロンの光線とレーザーとは相当な差があります。サロンのスタッフに特に資格がいらないのも、光線の破壊力が弱いからです。

一方、レーザー脱毛は身体組織を死滅させる光線を扱うので、少しの操作ミスが重篤なケガにつながりかねません。そのため機器を操作できるのは、万一のときに治療ができる医師に限られています。
もちろん、火傷などに対処可能な器具・設備もそろっているので、その点でも安心です。

医療脱毛の良い点・悪い点

良い点・悪い点

良い点

・施術をおこなうのが医者なので、事故が発生しても十分な対処ができる
・レーザーの脱毛効果が優れているため、毛深い人でも施術部位を無毛にできる
・脱毛完了に必要な日数が短めで、サロンと違って回数も少ない

悪い点

・格安なプランの多いサロンと比べると、施術コストがかなり高い
・レーザー照射時の痛みが強く、施術を受けるのがイヤになる
・毛膿炎、炎症などの肌トラブルが起こる可能性がある

脱毛サロンと医療クリニック その違いは?

違いを考えて選ぶ
すでに脱毛サロンとクリニックの違いについて少しだけ触れましたが、ここで相違点をもっと述べてみます——

料金

脱毛サロンは、昔から女性誌にやたらと広告を掲載していますが、そこには目立つ活字で「お得な値下げキャンペーン」「○月だけの限定」などと書かれています。
これで分かる通り、サロンのメリットのひとつとなっているのは、その施術コストの安さです。

一方、クリニックは医療機関ということもあって、料金が大胆にディスカウントされることは滅多にありません。

ここで、脱毛サロンと医療クリニックの施術料がどれくらいなのか、一覧で見てみましょう。

まず脱毛サロンからです。有名サロン20社の公式サイトから、部位別の平均料金を出してみたところ——

・顔…41,033円
・うなじ…19,000円
・ワキ…16,833円
・腕(ヒジ上)…47,800円
・腕(ヒジ下)…48,600円
・背中(上下)…71,600円
・足(ヒザ上)…56,300円
・足(ヒザ下)…55,100円
・VIO…58,633円
・全身…164,700円

という金額になりました。

続いて医療クリニックです。こちらも有名20院の平均施術料を算出しました——

・顔…131,325円
・うなじ…57,250円
・ワキ…14,825円
・腕(ヒジ上)…83,375円
・腕(ヒジ下)…82,500円
・背中(上下)…91,917円
・足(ヒザ上)…108,750円
・足(ヒザ下)…100,500円
・VIO…67,975円
・全身…401,945円

こうすると、医療クリニックの料金がサロンよりずっと高いことが一目瞭然です。特に顔脱毛はその違いが大きく、クリニックでの費用はサロンの3倍以上となっています。

効果

サロンとクリニックでは脱毛方法が異なるため、効果もかなりの違いが出ます。

現在、サロンの脱毛方法は4つくらいあるのですが、その中で最もよく採用されているのがIPL脱毛です(フラッシュ脱毛、光脱毛とも呼ばれます)。

ワンショットでの照射面積が広く、腕、脚、背中などの大きなパーツに最適。照射出力も控え目なので、痛みもそれほど強くありません。

さらにクリプトンライトと専用のジェルを使うSSC脱毛、バルジ領域に損傷を与えるSHR脱毛とハイパースキン法など、それぞれメリット・デメリットがありますが、いずれにしてもその効果は限られています。つまり、脱毛と称していても、あくまで毛根を弱める「減毛」「抑毛」にすぎず、無毛になったとしても、その状態は数年しか続きません。

一方、医療クリニックのレーザーは発毛組織を死滅できる威力を持っていて、脱毛完了後は毛が再び伸びる可能性は低くなります。

保証

保証については、クリニックと脱毛サロンの間でほとんど差はない、と言えます。

結果に納得できるまで施術可能な「永久保証」、有効期限を一定日数延長できる「期間保証」、中途解約時に前金の一部を払い戻す「返金保証」などは、クリニックとサロンの両方にあります。

ただ、条件などについては各クリニックでかなり違うところがあるので、あらかじめ公式サイトなどでチェックしておきましょう。

その他

クリニックとサロンの相違点を挙げる際、案外言及されないのが支店(支院)の数です。

脱毛というのは、しっかりした成果が出るまで長い時間がかかります。最低でも数ヶ月、さらに手間のかかるプランになると、数年間は施術を続けなければなりません。

その期間中に、人によっては生活環境が激変してしまうこともあります。引っ越し・転勤がそれに該当しますが、引っ越し先に通っていたクリニックの支院がないため、前払いした施術料がムダになるケースも出てきます。

狭いパーツなら数万円ですむかもしれませんが、全身脱毛だと前払い金も20万円を軽く越えます。
できるなら、引っ越し先でもそれを活用したいでしょう。

有名サロンなら全国に支店を設けているため、転居先でも前払金を活かせる可能性が高くなります。ところがクリニックは規模が小さく、転居後は施術を続けられないケースが多いようです。

ということで、もし引っ越しなどの多い人が脱毛したいなら、医療クリニックよりも全国に支店のある大手サロンの方が向いているかもしれません。

クリニックの選び方 そのポイント

注意ポイント

脱毛の保証期間が長いか?

脱毛する場合、契約回数を設定された期間内に終わらせる必要があります。保証期間は部位によっても異なりますが、2〜3年程度というのが普通です。中には5年というところもありますので、忙しい人はそちらを選んだ方がいいかもしれません。

リスクやデメリットが説明されているか?

脱毛は特殊な行為ですから、顧客にリスクを理解させるのは施術側の義務です。公式サイトに、そのリスクがしっかり書かれているか確認しましょう。

料金設定が明確か?

料金設定がややこしいクリニックは、実際には高い料金をごまかそうとしている場合があるのでやめておいた方がいいでしょう。トータルでいくら必要なのか、ズバリ提示しているところの方が安心できます。

医師の情報がサイトできちんと示されているか?

施術を担当する医師の情報がサイトに書かれているか、あらかじめチェックした方が無難です。情報を示さないクリニックは経営自体がいい加減な場合があります。

医師自身がカウンセリングをおこなっているか?

脱毛の施術にあたるのは医師ですが、カウンセリングを看護婦に任せっきりにするクリニックもあるようです。
そんな態度は責任感のなさのあらわれなので、契約はすべきではありません。

以上、医療脱毛クリニックの情報を色々と紹介してみました。いかがだったでしょうか。

「レーザーの痛みが心配」「施術料が高い」といった理由から医療クリニックを敬遠する人も少なくないと思います。ただ、脱毛効果を何よりも重視するなら、やはりクリニックで施術してもらう方がいいでしょう。

どうかこのサイトを参考に、自分に合った医療クリニックを見つけて下さい。

家庭用脱毛器の購入で失敗をしないために

最近は脱毛がずいぶん身近になり、サロンや医療クリニックに出かける人も多くなってきました。

ただ「施術してもらいたいけど時間がない」「予約に縛られるのがイヤ」「脱毛の時にスタッフに見られるのが恥ずかしい」などの理由でサロンやクリニックに通えない人もいます。

そんな人たちに人気なのが、ひとりでムダ毛の手入れができる家庭用脱毛器です。

「試しに自分も買ってみたい」という人もいるでしょう。ただ、まだまだ値段は安くありませんし、どれを選ぶか困ってしまうほど種類があります。
安直に買ってガッカリしないためにも、効果や種類、選び方などについて、しっかり確認しなければなりません。

そこで、このページを立ち上げました。家庭用脱毛器の購入を考えている、という人のために、上手な選び方のポイント等について、紹介していこうと思います。

家庭用脱毛器の発売とその普及について

家庭用脱毛器
現在、サロンや医療クリニックで採用されている脱毛の理論、「選択的光熱凝固理論」が発表されたのは、1980年代のことでした。
その理論を応用して欧米でマシンが実用化されたのが1990年代、そして2000年代になって日本でも光による脱毛マシンが普及するようになります。

ただそれはあくまでプロ用の大型機器で、家庭でのムダ毛の処理はまだカミソリや毛抜、あるいはクリームなどが主流でした。

そんな中、2005年に家庭用脱毛器「アイエピ」が発売されます。

それまでも光による脱毛器は発売されてはいたのですが、いずれも脱毛効果が問題にならないほど低く、好評とは言えませんでした。ところがこの「アイエピ」は確実にムダ毛を処理できるというのでベストセラーとなり、家庭用脱毛器普及の原動力となったのです。

そして2009年に「イーモ」、2012年に「ケノン」が登場。脱毛器市場が一気に広がり、現在の隆盛につながっていきます。

家庭用脱毛器の普及は、ムダ毛処理で悩んでいた人にとっては朗報でした。

何しろサロンやクリニックでは、肌がツルツルになるまで数ヶ月〜数年はかかります。その間にやめてしまう人も多いですし、料金が十数万円に及ぶのも珍しくありません。

それが家庭用脱毛器だと、プロ並みの効果が期待できる上に費用が節約できるのですから、あっという間に普及したのも当然といえます。

ただ脱毛器は、自分に合った機種を選ぶのが難しい商品です。
以下に述べるメリット・デメリットや方式の特徴をしっかり理解して、自分にふさわしい機種を見つけ出して下さい。

家庭用脱毛器選びで大事なポイントとは?

大事なポイント
下のセクションでも説明しますが、家庭用脱毛器には色々な方式があり、その違いがてきめんに効果にあらわれます。

ですから買う側にも製品についての知識が要求され、「たまたまバーゲンで値引きしていたから」といった理由で安易に購入してしまうと、結局はガッカリする結果に終わります。

家庭用脱毛器の購入で失望しないためには以下のようなポイントに気をつけましょう——

どれだけのパワーがあるか?

脱毛効果の高さは人によって感じ方が異なるため、一概にはいえませんが、脱毛器のパワーが高いほど効果もあがります。

とにかく効果を重視したい人は、パワーの高い機種を選びましょう。

ただ、パワーが強ければ強いほど肌や毛穴に負担がかかりやすく、重篤な肌トラブルにつながる可能性もあります。
不安だという人は、照射出力を調整できる機種がおすすめです。

照射範囲はどうなっているか?

1回の照射でどのくらいの面積をケアできるかは機種によって大きく異なるので、事前にきちんとチェックしておきましょう。

スムーズに脱毛できないとストレスにつながりかねません。
「せっかく買ったのに三日坊主に終わった」という羽目におちいらないためにも、しっかり確認しておきましょう。

自分の処理したい部位に対応しているか?

人によってムダ毛を処理したい部位は異なります。

家庭用脱毛器を選ぶ際は、「自分がどの部位の脱毛に使う予定か」そして「商品がどんな部位に使えるのか」をチェックして下さい。

特に「顔」や「VIO」の処理を考えている人は注意が必要です。全身脱毛には対応していても、デリケートな部分には使えない機種が少なくありません。

公式サイトにはどこに使えるかが書いてありますから、必ず事前に読むようにしましょう。

コストパフォーマンスはどれくらいか?

脱毛器の購入に関してよくあるのは、本体はかなり格安で手に入れたのに、消耗品であるカートリッジのコストが思った以上にかかってガッカリする、というもの……。

家庭用脱毛器にはたくさんの種類があります。値段の点でも2万円以下の格安な機種から、10万円を越えるハイレベルなタイプまで様々なものがそろっていますが、ムダ毛を処理すると必ず消耗していくカートリッジのコストを忘れてはいけません。

脱毛器を買うことを決めたら、本体価格は当然ですが、カートリッジの値段、そしてその交換頻度についてもキチンとチェックしておきましょう。

家庭用脱毛器の利点と難点

利点と難点

利点

・サロンや医療クリニックの半分以下の値段で、ムダ毛処理ができる
・施術場所に出かける手間と時間、交通費が節約できる
・他人の目にさらしたくないパーツもしっかり脱毛できる

難点

・背中、うなじ、お尻など、目で確認できない部位は手伝いがいる
・何もかもひとりでやらなければならないので、ついサボりがちになる
・肌トラブルの予防と対処がかなり面倒くさい

永久脱毛は家庭用脱毛器で可能か?

永久脱毛は可能か?
家庭用脱毛器というのはサロンやクリニックで施術に使われているマシンを小型化したもので、その原理は全く同じです。ただ、ライトの照射で起こりがちな肌トラブルを防止するため、出力は相当抑えられています。そのため、いわゆる永久脱毛はできません。

なお、知らない人が結構いるのですが、サロンの脱毛はあくまで「抑毛」であり、発毛器官は死滅しません。ですから、数年も経つと毛はまた伸びます。

永久脱毛したい人は、医療クリニックと契約し、レーザーによる施術を受けて下さい。

家庭用脱毛器の脱毛の方式とは?

脱毛の方式
家庭用脱毛器で主流となっている脱毛の方式について、簡単に紹介してみましょう——

フラッシュ式

家庭用脱毛器が採用している方式のうち、最もポピュラーなのがフラッシュ式です。サロンの施術に使われるマシンと同じ原理で、IPLという特殊なライトを用います。

IPLを肌に直接当てると、皮膚の奥にある毛根が高熱に包まれてダメージを受けます。そして照射を長期に渡って続けるうちに発毛機能が衰え、毛が薄くなっていくわけです。

最大のメリットはIPLの照射口が大きく、ワンショットで処理できる面積が広いこと。そのためにスピーディな手入れが可能で、背中・腕・足といった広い部位にはもってこいといえます。

照射パワーは適度に抑えられているので、火傷などの肌トラブルの心配もまずありません。痛みもチクリとする程度です。

デメリットは、脱毛完了までの期間が長いこと。それでも1年間ほどすれば、自己処理がいらなくなります。

レーザー式

医療クリニックでもっぱら使われているのがレーザー式脱毛。レーザー光が黒いメラニンを含む毛に反応し、熱に変わります。その結果、発毛をつかさどる部位に損傷が生じ、毛が成長しなくなります。

光が集中するために効果が抜群で、狭い部位や太い剛毛を脱毛したい場合にピッタリです。

脱毛完了までの日数も短か目で、照射を2週間に1度おこなっていけば、約3ヶ月で効果が実感できます。

ただ背中や足のような広いパーツには向いていません。1回の手入れに時間が必要で、打ち漏れの可能性も高くなります。

また、レーザーを照射した時の「痛み」も見逃せないデメリットです。
ネットでも「想像以上の痛みで、うめいてしまった」「照射の直前はビクビクしてしまう」といった口コミが目立ちます。

特に痛みを感じやすいのは脇、デリケートゾーン、骨付近のスネといった部位で、もしこれらのパーツを脱毛するなら気をつけましょう。

あと、レーザーが肌の黒い部分に反応する場合があるので、シミ・ホクロにはカバーをするか、照射そのものを避けるようにして下さい。

高周波(超音波)式

高周波脱毛器は、ピッカーというピンセット状の先端でムダ毛をはさみ、そこに微弱な電流を流して発毛を防ぎます。光は用いないため、目の近くの部位(額の生え際、眉など)の手入れができます。

また、光による方式では日焼け肌の毛、白髪は脱毛が難しいのですが、高周波なら問題ありません。

ただ、毛をまとめて処理できないために手間がかかり、広いパーツには向いていません。スピーディに脱毛をおこないたいなら、フラッシュ式の方が楽でしょう。

サーミコン(熱線)式とローラー式

フラッシュ式、レーザー式、高周波式は、熱によるダメージを毛根に与えて発毛を阻害します。しかし「サーミコン(熱線)式」「ローラー式」の場合、毛根には影響を与えません。

サーミコン式脱毛器は、ヘッドの熱線を用いてムダ毛を手入れします。肌表面にある部分を焼き切るだけなので、毛はすぐに伸びてきます。

ただ、カミソリで処理した時と違って毛先が丸くなるので、肌がチクチクするのが嫌な人は助かるでしょう。

そして「ローラー式」ですが、これはローラーを転がすことでムダ毛を絡ませ、根元から引き抜きます。

毛抜と同じやり方なわけですが、広範囲を素早く手入れできるのが利点です。
もちろん肌や毛穴へ負担をかけるので、おすすめはしません。

主な家庭用脱毛器の値段はいくらくらい?

値段はいくらくらい?
家庭用脱毛器の購入を決めた時、1番気になるのがその価格でしょう。

ここではネットのデータを参考に、主な家庭用脱毛器の値段をまとめてみました(「照射面積」「1ショットあたりの単価」も併記しておきます)。

・ケノン
値段…69,800円(税込)
照射面積…9.25平方センチ
1ショットあたりの単価…0.04〜0.59円

・シルクエキスパート
値段…49,299円(税込)
照射面積…6平方センチ
1ショットあたりの単価…1.78円

・4x
値段…38,999円(税込)
照射面積…1平方センチ
1ショットあたりの単価…0.08円

・ラヴィ
値段…40,000円(税込)
照射面積…6平方センチ
1ショットあたりの単価…0.24〜0.61円

・レイボーテグランデ
値段…116,640円(税込)
照射面積…12平方センチ
1ショットあたりの単価…0.05円

・ルメア・プレステージ
値段…57,998円(税込)
照射面積…4平方センチ
1ショットあたりの単価…0.20円

・光エステ
値段…25,200円(税込)
照射面積…5.4平方センチ
1ショットあたりの単価…0.29円

このうち、1番高価なのはレイボーテグランデの116,640円、そして1番安いのは光エステの25,200円です(ちなみにもっと安価な機種もあるのですが、それらは実際には「除毛器」ということで除外してあります)。

上述したように、買う時にはカートリッジのことを考慮しなければなりません。上には記しませんでしたが、カートリッジの値段がどれくらいなのか、自分でチェックしておきましょう。
本体価格+カートリッジの値段を比較することで、本当の価格差が分かります。

そして、ワンショットの単価も大切です。一覧を見て、「ワンショットあたりのコストの違いなんて、大した事ない」と考えてしまう人がいるかもしれません。

しかし、脱毛は1回の照射で終りではなく、2週間に1回継続する必要があります。つまり、ワンショットのわずかな差でも、蓄積されることで大きな違いとなるのです。

最後に「照射範囲」もチェックしなければなりません。ショットの数は1回の照射範囲と反比例して減少していきますから、カートリッジも節約できます。

なお、上の一覧では4xの照射範囲が小さくなっていますが、これは4xがレーザー式だからです。
フラッシュ式のレイボーテグランデやケノンのデータと比べると、大変な差があります。

広い部位を手入れしたい場合は特に、照射面積と単価の数値を把握しておきましょう。その上で、なるべく自分の目的・予算に合ったものを購入して下さい。

以上、家庭用脱毛器の選び方のコツや特徴などについて紹介してみました。いかがだったでしょうか?

何度も書いたように、家庭用脱毛器はその機種・方式によってその効果が相当違ってきます。
また本体だけでなく、カートリッジの価格を調べておくことも大切です。

ぜひ自分に合った製品を選び、心地よい脱毛生活を送って下さい。