2017年 11月 の投稿一覧

ワキガになる原因とワキガを脱毛施設による脱毛で改善できる理由について

脱毛でワキガは治るのか

ワキガが気になる女性
汗に含まれる皮脂を分解する際に、ストレスや食生活の変化といった日常生活により汗が発する臭いが強まります。

そのため、ストレスを抱える人ほどアポクリン腺が刺激される形になるので、汗の分泌量の増加とともにワキガになりやすくなります。

他にも、ワキガの原因として食生活において油物を多く含む食事をメインに摂ると、アポクリン腺から分泌される汗に含まれる脂質が増します。

その影響により、アポクリン腺から出る汗の粘り気が強まることになるので、エクリン汗腺から出る汗と混じることでワキガの臭いを強めます。

その上、脇毛はアポクリン腺から出る汗を吸収するので、脇毛に汗がつくほどワキガの臭いを強めることになります。

ワキガを改善するために

さらに、脇毛に異臭を放つ成分が多くつきやすくなるので、日常生活面の見直しはワキガの臭い改善に繋がります。

けれども、日常生活を見直す他に脇毛を脱毛によって無くすことで、脇毛がアポクリン腺からの汗を吸うことが無くなります。

ただし、自己処理による脇毛の処理ではアポクリン腺を刺激しやすいので、ワキガの臭いを強める可能性が高いります。

そのため、アポクリン腺を刺激せずに脇毛を施す際は、脱毛施設で脱毛を受けるのがお勧めとなります。

脱毛施設で脱毛を受けることで、脇毛の毛根を無くすことができるので、脇に毛穴が存在しない状態に導くことができます。

アポクリン腺は毛穴がないと存在できない汗腺となるので、脇毛を無くすことでアポクリン腺の汗を吸収する怖れを無くせます。

アンダーヘアの施術は医療機関がおすすめ

アンダーヘアの脱毛に関して

アンダーヘアの脱毛
「気になるアンダーヘアの脱毛をスピーディーに仕上げたい」それなら医療クリニックのVIO脱毛がおすすめです。医療クリニックの脱毛は主にレーザーを使用したもので、光を当てて毛の根を破壊していきます。サロンと同じ光が使用されますが、出力が高いのが医療機関の施術の特徴です。その分ダメージも強くなりますが、脱毛の資格を持つ医師によるもので、肌の負担を最小に抑えることができます。

医療クリニックによる脱毛施術について

医療の脱毛はサロンの施術よりも痛みが強いと感じることがあります。「痛みに弱くて施術をしたいが受けられない」そんな人のために、ダメージを軽減できる麻酔を用意しているので安心です。痛みが抑えられ、施術中の不安もやわらぐことでしょう。脱毛サロンに比べて費用が高いのがデメリットとも言われていますが、毛が細く薄くなるのが利点です。また、アフターフォローも充実しています。自己ケア用のクリームを処方してくれるのも、医療機関ならではポイントです。

医療クリニックの施術は、技術のレベルを知ってから選択しましょう。事前にカウンセリングを受けることで、医師の技術や対応力が判断できると言われています。また、口コミの評価も見ておきたいところです。それだけがすべてではありませんが、医療機関で脱毛した人たちの意見を知れるので参考にすると良いでしょう。

きっぱり断ることが何よりも大切

脱毛サロンの勧誘に困っている場合の対処

勧誘を断る女性
お試しで脱毛サロンに訪れた場合、中にはしつこい勧誘を受ける人も一体多数います。そういった勧誘はきっぱり断ることが何よりも大切です。

曖昧に言葉を濁しつつ、逃げる姿勢を取れば押しに弱い人だと勘違いされてしまうので「遠慮します」「入りません」などしっかりとした意思表示を取るようにしましょう。「お金がない」と言って断るようでは、よりお得なキャンペーンに勧誘されてしまいます。何かと理由を付けても、カバーするような言葉は既に考えられているので、結局意味がないことに繋がります。

もう訪れることもない。と考えれば、どのように相手から思われても平気。と楽観的に思うことが出来るでしょう。流されて契約を結んでも結局損をしてしまうのは、本人自身です。なので、ここははっきり伝える一択に限ります。

脱毛サロンの勧誘を適切に断る

未成年者であれば「親に聞かないとわからない」といったように第三者を出す方法が有効的です。一旦家に帰らないと決められない節を見せることで、解放してくれる確率も上がります。立場を利用した上での断り文句も一つ考えておくと良いでしょう。

ですがやはり、するかしないかの世界なので、契約する気が無いのなら、さっさと断ります。話を進めた上でのお断りはスタッフも意地になって、契約を取ろうと思うことが多いので、早めということも重点的です。

産後のムダ毛処理を施す方法について

出産後のムダ毛の処理について

産後の女性
産後はホルモンバランスが変化するので、ムダ毛が濃くなりやすいです。

なぜなら、妊娠中に胎児の体に女性ホルモンを行き渡らせるので、妊娠中と産後は男性ホルモンの割合が多くなるからです。

その上、産後は肌が敏感な状態となるので肌が外部からの刺激を受けやすくなります。

なので、産後にムダ毛処理を施す際は、毛抜きでの自己処理を行わないのがポイントとなります。

なぜなら、毛抜きは毛を抜く際に周りの皮膚も引っ張る形となる上に、毛が抜けずに毛が皮膚の中に残ると毛のトラブルに発展しやすいからです。

その上、毛抜きを毛を抜く前に肌を保湿しても毛を抜くことで毛穴にダメージを与えます。

その影響により、毛穴が広がることで毛穴から雑菌が入り込むので、肌が痒みを伴ったり赤いぶつぶつができる可能性が高いです。

そのため、産後のムダ毛処理を施す場合は、電動シェーバーを活用するのがお勧めとなります。

なぜなら、電動シェーバーは毛抜きと違って毛を抜かないので、肌に与えるダメージを抑えられるからです。

肌の保湿を忘れずに行うことは鉄則

さらに、電動シェーバーは剃刀のように刃が直接肌に触れる恐れがありません。

他にも、女性用の電動シェーバーも存在するので、産後でも剃刀負けや深剃りするリスクを極力抑えることが可能となります。

なので、電動シェーバーでの自己処理は、産後でも肌を傷つけずにムダ毛処理を施すことができます。

また、産後からホルモンバランスが落ち着くまでの期間でも、電動シェーバーは肌の保湿を忘れずに行うことで、ホルモンバランスの変化の影響を受けにくいです。

埋没毛の原因とその対策とは?

埋没毛について

埋没毛に悩む女性
埋没毛が一つあると気になるものです。そしてほかの肌を見ると、意外とたくさん埋没毛があるということに愕然とすることも。何故埋没毛はできるのでしょうか。

その一つの原因は、脱毛やカミソリ処理などの影響です。ムダ毛というのは他者から見られると恥ずかしいので、自己処理をする人が多いです。その際にカミソリなどを使用すると、皮膚の表面が傷つくことがあります。その皮膚の表面にかさぶたが出来てしまうのですね。そしてふたをすると、次に生えてくるべきムダ毛が皮膚の中から出られなくなってしまうのです。その時に発生するのが埋没毛なのですね。

埋没毛が自然に出てこれるような環境を整える

この埋没毛が出来ると、肌の表面が盛り上がったりすることもあります。また埋没毛の中で雑菌が繁殖すると、赤く腫れたりすることもあるのですね。そのため、注意が必要です。

私たちが出来る対策としては、まずカミソリなどを使用してムダ毛処理をするときには、皮膚を傷つけないように気を付けるということです。肌を傷つけないようにジェルを使用したり、カミソリは安全刃を使用する、カミソリを使用後に肌ケアをすることが大切です。そして万が一かさぶたが出来てしまった場合は、いじらない。肌の清潔を保ち、自然とかさぶたがとれるのを待ちましょう。そして埋没毛が自然に出てこれるような環境を整えることが重要です。